カテゴリー「ビジネスのヒント [1]」の記事

2017年5月 1日 (月)

買いたくなるジーンズ

 にほんブログ村 経済ブログへ

 ジーンズは、誰でもが気軽に着用できる便利なパンツです。

 しまむらは、裏地をつけて起毛したジーンズを売ってヒットしました。100億単位のヒットですから驚きです。

 これまで、美脚パンツとしてお尻と足が綺麗に見えるジーンズも販売してヒットしてます。

 さて、少子化で一学年100万人程度になり、高齢化で団塊の世代は一学年300万人がいます。世の中高齢化社会ですから高齢化に目をつけない手はない。

 団塊の世代もジーンズは、好きです。ジーンズが好きと公言した先駆けは毎日新聞の論説委員の扇谷正造さん当たりでしょうか。

 しかし、高齢者はスタイルが崩れており、履きやすいジーンズがない。腰回りが窮屈で動きが制約されます。若いうちは、ピッタリした下着、ズボンも気にならなかったのですが、心臓が弱いせいか、窮屈な服は体に応えます。

 また、メタボでお腹がでて、お尻が平たく、変な体型しています。しかし、楽なパンツを気軽に履きたい気持ちがある。

 ここに、ビジネスのヒントがあります。高齢者用ボリュームゾン向けに、ストレートではなく、メタボ、小太り、プチ肥満用の履きやすいジーンズをリーズナブルな価格で販売すると売れます。誰かやってみませんか。

2016年8月 4日 (木)

便秘改善バンドについて

 にほんブログ村 経済ブログへ

 爆笑問題の太田さんは、脱腸とのことです。自らから告白してます。その経緯は、腹筋が薄く弱っているにも関わらず、便秘でいきんだ結果、腹筋が破れて腸が腹筋から飛び出たとのことです。

 便秘で息むと腹筋が破れることがあるのです。斯く言う私も歳をとり、腹筋が弱っているにも関わらず、トイレで息んだ結果、右脇腹がプクッと膨らむのです。記憶を総動員すると太田さんのエピソードが思い当たりました。それで、手で右脇腹を抑えて息みました。

 腹筋が破れて右脇腹が痛みます。それでも食べますのでトイレをする必要がある。そこで思いついたのが腰痛バンドです。手で抑えるよりは良いだろう と、肌に直接腰痛バンドを巻いて、腹筋の破れを補強して息むと、調子が良い。弱い腹筋を腰痛バンドで補強した結果、強い腹筋と同じ効果が得れます。

 女性に便秘がちの方が多い。これの原因は、事務作業が多く歩かない結果、腹筋が弱り、息む力が不足していることが原因です。さらに一般的に女性は、甘いモノが好きな結果として、便が固くなることが事態を更に悪化させている。

 昔から快眠、快食、快便は幸せの指標です。腰痛バンドで腹筋を補強すると息むことが楽になり便秘改善に役立ちます。これは、便秘改善バンドとして発売しても売れるものです。効果抜群です。実用新案特許早い者勝ちですヨ。

 腰痛バンドは、腰の補強を目的としたものですが、便秘改善バンドは、腹筋補強を目的としてものですから、腹部が補強材入りの頑丈な帆布などで被われる必要がありますので、若干の改善が必要です。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ