« 総理、晩節を汚さないようにお願いします。 | トップページ | 赤ちゃんからおもちゃを取り上げたらどうなるか »

2011年7月22日 (金)

大規模為替介入の時期です。介入は8月2日以降

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 我が国が大震災から立ち上がろうとしている時期に、人の国の迷惑も顧みず、単に自己の資金の安全確保のためにのみ円に逃避してる資金を放置しておく必要はありません。輸出貿易立国の我が国において円高は競争力を著しく削ぐことは明白です。どのような意図かわかりませんが、円高擁護論まででる始末です。M&Aは85円でも十分可能です。
我が国には、我が国の立場があり、政府が妥当としている85円相当とは相当の開きがあり、大規模介入の時期です。ただし、断固たる処置としてファンドに大損をさせるまではないので、猶予を与え、大規模介入を間もなく行うので日本株など退避するように勧告して介入をしてはいかがでしょうか。アナウンスのみで退避すると思います。勧告期間はとうに過ぎてます。実行しないと足元を見透かされます。単独介入でも断固実行すべきです。自民党の先生方もワンテンポ遅れていることを指摘すべきです。
 抜本的には、邦貨の価値を国際水準まで下げることが必要です。すなわち邦貨の増刷です。単純に増刷に抵抗がある場合には、外貨準備金の国債を焼却して、その相当額の邦貨を増刷することでも代替できます。いかがでしょうか。

  現在介入しては、米国の債務上限額引き上げ交渉が決裂した場合に2度介入する必要があるために8月2日の交渉決裂以降と予測します。しかも協調介入で。 FXの皆さん大儲けは近いですよ。博打ですから程々に。破産宣告費用は確保しておくこと。当たるも八卦当たらぬも八卦。調子に乗ってその後も予測すると臨時蔵相会議、「米国に貢げ」あるいは「支えよ」となります。いつものパターンです。

根拠 29日現在

 この1週間ほど野田さんの発言を連続して追いかけると「断固と」といったことが一度あります。その後「注視」と変更してます。これは、介入時期につき、よく考えた ら現在介入しても、決裂でまた介入となるので得策ではない。加えて交渉決裂以降であれば協調介入も期待できると判断したのではないでしょうか。このように鍵となる事象を連続して追いかける方法を連続見積りといいます。野田さんが小便に行った回数をいくら調べて何もなりませんので、念ため。追いかける期間はかなり長くなることもあります。ポイントは見積りの対象に何を選択するか。最後は事象の変化を解釈、判断する能力になります。不確実な状況を把握する一つの方法です。覚えておいて損はありません。

« 総理、晩節を汚さないようにお願いします。 | トップページ | 赤ちゃんからおもちゃを取り上げたらどうなるか »

為替介入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/52280427

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模為替介入の時期です。介入は8月2日以降:

« 総理、晩節を汚さないようにお願いします。 | トップページ | 赤ちゃんからおもちゃを取り上げたらどうなるか »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ