« 民主党の先生方へ 福島県の汚染瓦礫の処理 | トップページ | 自民党の先生方へ 審議拒否とは卑怯ではないか。 »

2011年8月11日 (木)

民主党の先生方へ 世界経済に貢献できる大震災復興予算

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 大震災から本日で5ケ月、日本にとって大きな障害がとれましたので、民主党、自民党などの先生方には国難を打開する気概をもって利害を越えて取り組むことを心から希望します。

 アメリカの量的緩和政策が財政赤字から制限を受けており、EUは特定の国の財政赤字の債務不履行が危ぶまれており、他国を救済する余裕もない状態です。世界経済はリーマン・ショックの400兆ドルとも600兆ドルともいわれる債務に未だ喘いでいる状態で、いつでも危機が表面化する薄氷の綱渡りです。(日本のバブル崩壊で2000兆円の損失、世界規模ですので1桁上がるのは当然です。)
 日本もアジア新興国の需要を取り込みデフレから脱却する道を模索している途上です。デフレ脱却途上で大震災に遭遇したことは、誠に不幸なことです。
 世界経済のエンジンは、現在日本と中国及びその他の新興国しかありません。BRICS諸国にも世界経済を牽引してもらいたいとおもいますが、我が国も世界経済の発展に貢献できます。
 我が国の諺に「禍を転じて福となす。」との格言があります。大震災で復興にともなう3次補正予算は世界経済を牽引する予算とすると断然覚悟を決めてはいかがでしょうか国民新党の亀井代表が言うように50兆円程度の予算として世界経済を牽引すると覚悟を決めるのです。我が国だけでなく諸外国にも復興を開放して東北を日本経済の新たなる中心地にするのです。
 予算は、復興債も検討中とのことですが、外貨準備高1兆1500億ドル(92兆円)のドル、米国国債を米国に疑念をいだかせることなく取り崩すことができます。外貨準備高の取り崩しは米国の通貨安、ドル国債価格の暴落を呼びやすいことから困難とされてますが、方法があります。取り崩し額は、外貨準備高EU並として40兆円程度とすることを提案します。この真水40兆円を復興資金に当てるのです。デフレ対策も兼ねるならば日本の図体に見合う予算でないと効果はでません。小泉さんは、35兆円の為替介入しましたが図体に見合う介入だったので効果がでたのです。小手先のエコボインなどで乗りきろうとしてはいけません。植草先生も外貨準備高は規模を最小にすべしと論陣を張ってます。こちら

  外貨準備高は外貨保有国の通貨発行権限が増加したと考えます。次のような方法で処理できます。国債の場合には、強制的な手形割引の意味合いを持ちます。自国で行うために割引料金はロハで、要すれば為替差益付きで割引することになります。市場経由で処理しようとすると市場実勢以外では処理できませんが日銀内部で処理するのですから、為替差益がでるようにすればよい。より正確にしようとすれば、買い入れた当時に円安になった時点で市場放出したと仮定して処理すれば良い。このようにすれば評価損はでません。政令で日銀内部で交換する場合の為替レートを時期毎に指定すればよいだけの話です。会計上なんら不具合はありません。米国会計基準が乗っ取り、売り払いに便利なように、株主配当金を出させるように原価評価から時価評価に変更したことに比べればかわいいものです。我が国会計基準も例外を原則に変更させられ、いままたリーマン・ショック後やはり不具合があるとの。そんなことは昔からわかりきったこと。いいかげにせぇよ。米国贔屓の会計学者、政治家はどう申し開きするのか。聞いてみたいものです。ともあれこの方法をとれば1/3取り崩しで数十兆円でる筈です。

  外貨準備基金において、買い入れたドルは、日銀において廃棄滅失し、為替差益の出るレートで円貨に変換し、復興資金とする。ドルを廃棄、滅失することで余剰貨幣を吸収し、ドルの価値を切り上げて、一方少ない円貨を増刷することで円貨の切り下げを行い、均衡がとれます。要するに為替介入して円安にして、直ちに利益確定、通貨増刷により邦貨に変換するというわけです。

会計処理は、借方 円貨 / 貸方 ドル で済みます。これに費用か収益の為替差損か、為替差益がつくこととなります。

 通常の会計処理ですと、以前に買い入れたドル廃棄は、当然、 為替差損となります。為替介入後、ドル高にしておいて廃棄すると為替差益となります。そこで、政令で交換レートを差益がでるように定めれば為替差益がでます。他に売却するものではないのでわが国が処理を決めれます。

 米国国債を廃棄、滅失した場合は、利息分は為替差益で回収し(為替差益がでるようにレートを設定する。)、債権放棄を米国に通知することになります。

  外貨準備基金から捻出した資金は、銀行から先の市場に出て始めて効果がでるものです。現状の日銀と民間銀行の間にいくら資金を供給しても行き先がないので国債購入に向かうだけです。予算の形で民間に投下しないと意味がな いのです。政府保証をつけても投資に積極的にならないのであれば、政府が自ら投下するしか道はありません。

 副次的な効果として、通貨増大は、円安に効果があります。マネタリーベース(日銀券、貨幣流通高、日銀当座預金の合計値、平均残高)は4月末で121兆 8934億円です。これに40兆円加わると162兆円になります。現状78円として按分すると103円です。貨幣価値が通貨増大で薄まった結果、かなり低めに見積もっても10円以上は円安になることは固いことになります。いずれにしても円安になることはあっても円高になる可能性はありません。大体6兆円通貨を増大すると1円ほど円安になるとの試算があります。真水40兆円投入ですとおよそ6円66銭円安ですので、83円程度になります。

◯外貨準備金の取り崩しもいやな場合は、為替差益の国庫繰入を実施すればよいと考えます。為替介入で円安効果がもっとも出た時点で、円変換をして、現在まで保有していたことと何ら変わりませんので、先に述べた政令で日銀内部で交換する場合の為替レートを時期毎に指定して円に変換すればよいのです。概略で民主党の3次補正予算分はでます。

 世界経済を牽引する3次補正の契約が来年夏ではまったく遅いのです。いまこそ与野党の知恵を結集して予算を作成して、執行を急ぐべきです。契約方式も大胆に震災関連項目として随意契約とすべきものです。国民は理解します。予算執行職員の責任に関する法律がまったく緩和されてませんので、職員は会計検査院の検査を恐れて適正性、経済性、効率性を追求するあまり執行率はあがりにくいのです。急ぐだけ急がして煮え湯を飲まされるのは誰でも御免です。また、サービス残業させることなく超過勤務手当を全額つけるとか工夫をしているか心配になります。職員からオラ知らねぇというような総スカンを喰らってないことを祈るだけです。政治家はこの辺も目配りすべきです。

 あまりムキになると頭が禿ますよとの声がきこえましたので、お開きということで。

民間資金の活用についても提言してます。こちら

付録

 中国の10年末の外貨準備高は、236兆円とのことです。これが通貨発行権限とするともはや米国はかなわないとあらためて実感した次第です。外貨準備高を通貨発行権限ととらえる人はいませんが、今すぐでも実行可能なのです。

最後まで目を通して頂きありがとうございます。貴方に今日幸運が訪れますように。お祈りします。 鰯の頭も信心から、信じる者は救われると申します。藁人形もかなり力がありますので、きっと効くことは間違いありません。

« 民主党の先生方へ 福島県の汚染瓦礫の処理 | トップページ | 自民党の先生方へ 審議拒否とは卑怯ではないか。 »

政策提言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/52446007

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の先生方へ 世界経済に貢献できる大震災復興予算:

« 民主党の先生方へ 福島県の汚染瓦礫の処理 | トップページ | 自民党の先生方へ 審議拒否とは卑怯ではないか。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ