« 大規模為替介入 8月2日午前9時予想  | トップページ | 民主党の先生方へ5 アジアとの間に円決済圏の創出 »

2011年8月 2日 (火)

民主党の先生方へ 民主主義とは湯でガエルも厭わないということ

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

   民主主義は衆愚政治と良く言われます。様々な意見が対立し、各々が利己的な意見を述べるために本当は必要な解決策に達せず、茹でカエルになっても、皆で渡れば怖くない状態で滅亡への道を歩むというようなものです。

  これと真反対が、優秀なリーダーの意見の下、まとまらない愚劣な民衆を命令一下整然と従わせるものが全体主義です。リーダーが優秀であれば全体として効率的ですが、自由な個人はありません。どちらというと性悪説にたった考えです。

  どちらが良いか、過去の歴史から見ると、全体主義的な政体は、例外なく排除されてきました。

 民主主義とは、多数決で採用された意見が滅亡と思われる道であっても、リーダーの正しいと思われる意見と違うと思ってもそれに従うものと思ってます。民主主義が機能するには、ある程度成熟した判断能力のある国民でないと機能しないものです。全体として見れば妥当な結論を手間暇かけて得る、あるいは得られると仮定している、従って得られないこともある、ものです。どちらというと性善説に立った考えです。この得られない場合を膨らませたものが民主主義は衆愚政治ということです。

 日本は、民主主義を選択しました。総理は過去に述べた議院内閣制度は、「期間限定の独裁」という考え方を国会答弁で否定してません。総理の言動を見てますと、「期間限定の独裁」という言葉にぴったりするので自らが体現しているのだと思います。

 一度総理についたら「在任期間中はある程度独裁的に自由させてもらえるお墨付きを与えられた。」という考え方は、一度国民に信を問う必要があります。消費税を上げる前には選挙で問うという言葉も嘘っぽく聞こえます。民主党の党首の考え方ですので、民主党としても国民に信を問うのが良いと思います。

 このような考え方では、恐ろしくて主権者として政治をまかせることもできないし、血税を預ける気にもなれないというのが本音です。

 最後まで目を通して頂きありがとうございます。貴方に今日幸運が訪れますように。お祈りします。 鰯の頭も信心から、信じる者は救われると申します。藁人形もかなり力がありますので、きっと効くことは間違いありません。

« 大規模為替介入 8月2日午前9時予想  | トップページ | 民主党の先生方へ5 アジアとの間に円決済圏の創出 »

菅総理退陣関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/52373197

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の先生方へ 民主主義とは湯でガエルも厭わないということ:

« 大規模為替介入 8月2日午前9時予想  | トップページ | 民主党の先生方へ5 アジアとの間に円決済圏の創出 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ