« 自民党の先生方へ 期間限定休戦救国内閣について | トップページ | 本当に円高なのか »

2011年8月15日 (月)

今日は死ぬのにとてもいい日だ

 にほんブログ村 経済ブログへ

「今日は死ぬのにとてもいい日だ」

生きているものすべてが、わたしと調和している
すべての声が、わたしと歌をうたっている
すべての美が、わたしの目の中で休もうとして来る
すべての悪い考えは、立ち去っていった

今日は死ぬのにとてもいい日だ
わたしの大地は、わたしを穏やかに取り囲んでいる
畑には、最後の鍬を入れてしまった
わたしの家は、笑い声に満ちている
家に子供たちが帰ってきた
うん。今日は死ぬのにとてもいい日だ

(プエブロ・インディアンの古老の言葉) 原文こちら

ネット上では、沢山の引用がされてますが、昔雑誌に掲載されていたのを読んだ記憶があります。「今日は死ぬのにとてもいい日だ」とはあまり言わないので、鮮烈な記憶があります。死生観は、日本にもありますが、この頃はあやしくなってます。死生観の一つである諸行無常も、いい老人が言葉尻を捉えてクレーマー、援助交際もどき、金金金人生ジタバタ無常観どこいったです。

 死んだ後は、遺灰は、海にでも撒いて下さいという背景には私がいなくなった後は、誰にも迷惑をかけたくない、誰かの記憶にわずかでも残ればよい。やがて忘れ去られる、後世を信じない、種として過去から連綿と続いた系統と決別したい、死後の世界を信じない、死ねばおしまい、現世をおもしろおかしく過ごせばよい、無縁社会どころか、後世を信じるかけらもありません。食べ散らかして、生きちらかして、あとはおしまい。はいさようならでは、なんとなく世も末という感じがします。後の世代が思いやられます。若者はしっかりしないと大変ですよ。

  テレビで被災者の老婆が年金3万9千円で懸命に生活を切り盛りする姿が報道されてました。お金のこともさることながら、老境を一人で生き抜く虚しさ、寂しさを慮ると暗澹たる気持ちになります。しかし、子供たち、親戚と住むことを考えても邪険にされ、粗大ゴミ扱い、辛い毎日であることは容易に想像できます。日本人がもってた知恵、価値観は今はないのです。

 昔、家庭にあったお互いを思いやる心はありません。あるのは限度、節度を越えた言葉、そこに飲酒で大脳皮質が麻痺して親が子を、子が親を、妻が夫を、夫が妻を、兄弟同士が撲り殺す無節操、ばれなければよしとして、誰もがやっていること、親は死ななかったことにして年金受給、親の脛を永遠にかじろうとするニートなるバカ息子、娘、無試験をいいことに横文字連ねて一儲けの専門学校、それに乗るバカ親、テレビをつければ政治をおわらいと勘違いしている河原乞食の末裔、それに便乗するしたり顔のタレント学者、御用学者、書くのも嫌になりました。横山ノックなる芸人が選挙の最中に生理の運動員の性器をさわりながら演説していたことを忘れてはいけません。タレント、芸人とは所詮その程度なのです。女性の頭に男性器をのせチョンマゲです。とてもまともな神経ではついていけない悪ふざけです。滑稽なこと、奇抜なことがすべてです。習い性となっているのです。どれだけ世の中を毒していることか計りしれません。東国原なる芸人が選挙にでる。ふざけるな。バスの後部座席から後続車両にケツの穴を見せても笑いをとろうとする芸人に我々の金の分配をまかせることはできない。わってますかテレビ局の皆さん。ウジテレビさん評判よくないですよ。爆笑問題、横暴に吐き気がするゾ。

 その点、インディアンの死生観は、悠久の大地で自然と調和して生きていることがうかがえ、死も自然の一部ということがごく自然に言葉から伝わってきます。死にたくないとか卑怯、未練がまったくしません。この人達にとっては、管を体中にまきつけて、高いお金をはらって、植物状態でなお、生きることは到底考えれないことと思います。

 アメリカインディアンの老人も現代の日本で生活すると、おそらく発狂すると思います。彼らの考える人間的な生活とは程遠いものだと感じることは容易に想像できます。

 また、ネット上で死にたい人を募り、集団自殺する報道も目にします。それほど生きていない人生に見切りをつけることはもったいない気もするが、自らの生死を決める権利は誰にもあります。しかし、身体髪膚(しんたいはっぷ)これを父母に受く、あえて毀傷(きしょう)せざるは、孝の始なりともいいます。(刺青をいれるなどとんでもないこと)ある日突然生じて、突然いなくなる存在でないのです。さらに、イスラム原理主義といわれる人達が、主義主張のために身命を投げ打って自爆テロをする報道は毎日目にします。

 遺灰を海にまくこと、早々に人生に見切りをつけること、簡単に若い人が自爆テロをすることあるいは他人を傷つけることには、共通点があるような気がします。命の軽さという点、生命軽視の考え方だと思います。

 それがどうした、数が多くなれば個々の命の相対的比重は軽くなるのは当然。キリストが生まれた時の人口2億5千万、今世紀半ば90億です。人間の希少価値がなくなり、陳腐化している。? 

 それで、中国の命の軽さが氷塊しました。お開きということで。

あまりお役にたてませんが、おいしいものを食べると悲しみが半減

人類は絶滅危惧種でないか も併せてお読み下さい。少し気分が楽になります。

 

補 足

 必要なのは優秀な遺伝子を持った一握り一だけ。?   ナチスみたい。?(ゲルマン民族浄化)

 民主主義を守れば、凡人の一票と優秀な遺伝子を持った人の一票は等価です。数で圧倒できます。 弱いものは例外なく常に団結しなければ果実を得られません。団結の最小単位は、夫婦となります。家族のない人は、自分を大事にしてくれそうな(人生は賭けの要素があります。)相手を見つけて夫婦をつくることです。華僑は、進出した海外において四面楚歌のなか、一族で団結して、事にあたります。強い所以です。「同病相憐れむ」病気持ちも団結すれば強い。納得できない方は、自然界を見ると例外なく、弱小動物は団結して生き抜きます。地球46億年の知恵なのです。ついでにいうと権力者は、団結をおそれ、それを分断しようとします。個人情報保護法が、それに当たります。個人を分断するのもってこいだった訳です。それどころか悪ノリして、ネット検閲、人権擁護法の足音が聞こえてます。こちら

先生ヅラしているじゃねえぞという声がきこえたような、聞こえないような。スゴスゴ(退散する音ですヨ)

 最後まで目を通して頂きありがとうございます。貴方に今日幸運が訪れますように。お祈りします。 鰯の頭も信心から、信じる者は救われると申します。藁人形もかなり力がありますので、きっと効くことは間違いありません。

 

 

 

« 自民党の先生方へ 期間限定休戦救国内閣について | トップページ | 本当に円高なのか »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/52478424

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は死ぬのにとてもいい日だ:

« 自民党の先生方へ 期間限定休戦救国内閣について | トップページ | 本当に円高なのか »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ