« レナウンにみる環境適応行動の失敗 | トップページ | お一人さまの老後 »

2011年10月26日 (水)

日本は戦争できる国か

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 私有権を極限まで認める結果として、公共の福祉はあってなきが如しです。究極の私権の制限として、戦争への参加があります。国防のために、国民の命を差し出せというものです。現状を見る限り極めて困難です。福島放射能風評被害然り、米軍基地移転問題しかり、一体この国はどうなっているのか。他国が攻めてきた時も自衛隊ありがとう、頑張って下さい。私たちは、後方で見守りますというのでしょうか。現代の戦争は後方も前線もありません。その時なお、自分の命を惜しんで、国を滅亡するまで傍観するのでしょうか。傍観しても死ぬのです。それならイッソ戦う事が理にかなってます。その時がくるまで目が覚めないのか。それとも、憲法に納税、勤労、教育が明示的に国民の義務として規程されているから、反対解釈として国防の義務など憲法違反として訴訟するのでしょうか。
 花火に放射能がついてるかもしれない。イヤだというのは、一体何なのか。北海道札幌市長が放射能汚染瓦礫を早々に受け入れないことを表明しましたが、国民としてどうしようという立場がない。当選のみ考えていい子になるばかり。
 国の立場から私権を強制的に制限することが求められてます。強欲資本主義の規制も、この延長線上にあります。政治家の一層の奮起を望みます。  

« レナウンにみる環境適応行動の失敗 | トップページ | お一人さまの老後 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/53089626

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は戦争できる国か:

« レナウンにみる環境適応行動の失敗 | トップページ | お一人さまの老後 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ