« 米国の貧困者の極端な肥満をみておかしいと感じないか | トップページ | Jリートが上昇してます »

2011年11月29日 (火)

狩猟民族と農耕民族

 にほんブログ村 経済ブログへ

 我々日本人、アジア人は農耕民族と言われます。これに対してアングロサクソン、ゲルマン人は狩猟民族といわれます。アジアの農耕民族は、米を苗から育て、稲を刈り取るという手法が生きる手段です。狩猟民族の基本は、罠を仕掛け、狩りをして、動物を捕らえて殺害し肉を食します。獲物がなくなれば次の獲物を求めて移動します。いわば奪うことが基本です。もっとも簡素化していうと、アジアは、育てて刈り取るのに対して欧米は罠を仕掛けて力づくで奪うことが基本です。この生きることに対する基本的態度が現代のあらゆる制度に色濃く根付いてます。

 新自由主義は、アングロサクソンの考え方に極めて忠実な考え方です。強いものが勝つ、弱いものは従え。罠を仕掛けて美味しそうな獲物を有無をいわせず腑分けして解体してしまうのですから、狩猟民族の考え方そのものです。

 これに対して日本などの稲作文化は、手間ひまかけて苗を育て、稲を刈り取るのですから、工夫が必要で、天候次第なので諦観も必要になります。定置してその場所に止まり組織立ててことに当たることになります。日本企業を見ても長期視点にたって、経営し、企業が一家のような形態をなしており、強固な繋がりで結ばれており、経営者から従業員まで簡単に首切りする企業風土ではありません。全体として能力を発揮するようにされており、企業人として組織の歯車であることを要求されます。かなり日本企業の特質は米国の日本研究により削がれましたがまだ色濃く残ってます。米国は、産業に競争力がなくなれば、次の産業にシフトします。日本は、産業に拘り、さらに競争力をつけて物作りを諦めません。これも民族の特質からきてます。いまでは、重厚長大産業から電子産業まで一流となり世界に類のない国になってます。

 この違いは、日本民族の身体的特徴にも現れてます。胴長、短足で黄色い顔というのがわが国の特徴でした。これは穀物を主食とした特徴から消化しやすいように腸が長く胴長なのです。これに反して欧米は肉を取り入れた主食ですので胴が短く長身、手足が長いのです。これは、今は昔のようですが、つい最近まで言われていたことです。

 このような違いは、昨日、今日始まったことではなく、民族の地政学的な特質によって何千年の歴史に育まれたものです。ネオコンの新自由主義は極端にしても、過去にも帝国主義があり、手を替え品を替え歴史を彩ってます。

 狩猟民族の考え方と農耕民族の考え方は、根本では理解し合えないと思います。米国と付き合う場合も狩猟民族の考え方の癖即ち欧米は罠を仕掛けて力づくで奪うことを常に忘れてはならない。過去アジア、アフリカ、中南米の国々は、欧米の仕掛けた罠、猫が鼠を追い込むように、無理やり戦をさせられたことを忘れてはいけません。今、またイランを追い込んでます。先に攻撃させて正義は我にありとするおぞましさ、後は、鼠の逆襲を待つだけです。

 米国の契約書が恐ろしく厚いのは、このことと無関係ではありません。騙される方が悪いと考えるのです。

補足

 狩猟民族では、ダマシ当たり前です。スポーツなどで日本どアジア民族が勝ちつづけると、ルールそのものを変更します。勝ちつづけることのできるルールはルールそのものに欠陥があると考えます。しかし、欧米が勝ちつづけてもルールに欠陥があるとは考えません。

 負けてはスポーツで飯を食っている欧米一族郎党の収益激減です。要するにデタラメが原則です。大層な御託を並べても興行師の本質は隠せません。騙し合いなのです。

 (日本、中国も国内的には騙しに無縁ではありません。騙しが国家的に洗練されてないのです。だから欧米に騙される。どうしても人間皆同じ、最後は人を信ずる気持ちがある。人を騙して奴隷にして死ぬまで働かす胆力に欠ける。

 ここが決定的に欧米と異なる点です。今後も変わらない日本人の特質です。だから欧米に負ける。欧米人も心の痛みはあるがキリスト教が許容しているので心の痛みから逃れることができる。日本、中国にはキリスト教のような便利にアフリカ人、中南米人、アジア人を奴隷として死ぬまで使える気違い的な教義はない。

 キリスト教徒支配層には、伝統的な気違い教義が依然蔓延っているので要注意。蔓延るツタ葛の根絶は、基本的には、焼き殺すしか方法はありません。念のため。

 日本古来の神道と明治期以降の国家神道は、基本的に違います。下級武士政権の正統性の基盤を固めるために天皇を持ち出し、国家神道として体系化した極めて政治的色彩の強い宗教が国家神道です。天皇を現人神とする国家神道も気違いですが、気違い程度においてキリスト教徒は、神クラスです。キリスト教は、人類史上最も邪悪な宗教なのです。)

« 米国の貧困者の極端な肥満をみておかしいと感じないか | トップページ | Jリートが上昇してます »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/53362516

この記事へのトラックバック一覧です: 狩猟民族と農耕民族:

« 米国の貧困者の極端な肥満をみておかしいと感じないか | トップページ | Jリートが上昇してます »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ