« 言論弾圧は始まってます | トップページ | 消費税10%程度でお茶を濁してどうするのか »

2012年1月23日 (月)

マッチポンプ格付け機関を格下げしろ

 これは、私がいっているのではありません。英国のフィナンシャル・タイムズが言っていることです。さわりは、次のとおり。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

「各付け機関を責めるなという発言を何度も耳にする。それに対する筆者の最初の反応は、「なぜ責めてはいけないのか」というものだ。そして、然るべき熟慮の末の反応は「一体全体なぜダメなのか」というものだ。

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がユーロ圏の多くの政府を格下げし、フランスから大切なトリプルA格付けを奪ったことで、格付け機関が再びニュースの見出しを飾るようになった。

 ニュースになろうとするS&Pの熱意には、どこか不穏なところがある。皮肉屋なら、これは通俗的なマーケティングツールだとするS&Pの言い分の芝居気を感じ取るかもしれない。S&Pと比べると、ムーディーズとフィッチはずっとおとなしい感じがする。(中略)

 これが危機の政治における好循環の始まりになると言ったら、無理があるだろう。だが、各国政府はこれまではまり込んでいた悪循環から抜け出しつつあるのかもしれない。

 S&Pについては、我々は過度に懲罰的になるべきではないのかもしれない。結局のところ、金融崩壊に一役買ったほかの悪者は皆、処罰を逃れている。

 しかし、筆者がもう1つよく耳にするのは、格付け機関は世界の金融システムに組み込まれているため、やはり格付け機関は真剣に受け止めなければならない、という話だ。我々はただ、格付け機関を格下げすべきではないのだろうか? ジャンクでいいだろう。

興味のある方は、こちらの記事を見て下さい。こちら

補足

イタリア検索当局の家宅捜査に報復でイタリア国債2段階格下げとは、これは何だ。世界は無法地帯か。

« 言論弾圧は始まってます | トップページ | 消費税10%程度でお茶を濁してどうするのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/53803499

この記事へのトラックバック一覧です: マッチポンプ格付け機関を格下げしろ:

« 言論弾圧は始まってます | トップページ | 消費税10%程度でお茶を濁してどうするのか »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ