« 新聞記事について | トップページ | 橋下さんの快進撃が止まらない »

2012年1月 7日 (土)

毛唐に日本の味が分かるのか

 にほんブログ村 経済ブログへ

 ミシュランガイドに右往左往していますが、基本的に日本の味が分かるのか大いに疑問に感じます。

 ハワイのレストランに入ればすぐに分かりますが、基本的に日本人には変な味がします。シナモンを効かせた肉料理とか日本人であれば、すぐに気がつきます。米海軍の料理も日本人にとっては変な味がします。イギリスで食べたカレーも食べれたものではないでした。メキシコ料理も日本人にとってはおいしてものではありません。フランス大使館で食べた料理も欧米流にアレンジしてありおいしいものではありませんでした。民族の味覚は、おいしさに違いがあります。

 昔から毛唐には、日本を理解できないというのが大方の見方でした。それでよしとしていたのです。マッカーサーが敗戦後、日本の知能指数は、小学生程度と豪語しましたが、欧米が日本を本当に理解することはできないのです。生魚を食べる野蛮人と言われたのは、昨日のことです。木の根(ごぼう)を黒人捕虜に食べさせ虐待したとして死刑になったのは昨日のことです。小説なども欧米人にはわからないとして良しとしていたのです。今は、漫画で日本の凄さか分かりつつありますが。

 土台、欧米の味覚は、油味覚、砂糖味覚です。極端に甘く、日本人ではとてもついていけないものです。米国のハーシーのチョコは、有名ですが、ただ甘いだけです。敗戦後の油味覚、砂糖味覚に飢えていた時は、ありがたくもありましたが、今は誰もおいしいとは思いません。むしろクドイと感じます。

 日本古来の味覚でうまいと感じるのは、「うまみ」です。この味覚は、欧米には昔からないものです。欧米の家庭で昆布、鰹ダシをとるなど聞いたこともありません。だしは、米と密接に結びついてものです。ダシとパンは、土台合わないのです。

 近年、世界中で日本ブームとのことですが、油味覚、砂糖味覚の欧米人に「うまみ」が理解できるのか、大いに疑問です。

 旨味は欧米にはない、未知の味覚ですので、変な味を知ったかぶりで「おいしい」と言っているようですが、日本の本当の味を理解しているのか、はなはだ疑問です。まぐろの寿司を食しておいしいというのですから、少しは「うまみ」味覚が開発されたのかもしれません。
 カレーは、油味覚です。ラーメンは油味覚とうまみ味覚です。寿司は、油味覚とうまみ味覚です。うどんは、うまみ味覚です。

 外国では、現地の人がおいしいと考える味覚に日本食をアレンジして、はじめておいしいと言えるものです。民族の味覚は、長い歴史で培われたもので、味覚に優劣はありません。「お口にあいますか、どうか」でいいものです。すると勝手に欧米人の味覚で★ひとつだの、★ふたつだのと堂々と格付けしていることに疑問が生ずるのです。★などいうのは、欧米味覚での★の格付けなのです。他の新興諸国の味覚ではありません。 

 日本食が外国に輸出されると似て非なるものになるのは道理です。米文化と麦、肉の文化とは、土台味覚が違うのです。いわずもがなですが、日本一流料亭の味と強制してもおいしくないものはおいしくないと感じるのです。極上のイカの塩辛をもっていってもおいしいという評価は得れない筈です。

 現地化せざるを得ない所以です。世界共通味覚は、脂味覚と砂糖味覚ぐらいのものです。世界商品に人間の体内に組み込まれた快楽物質を放出する脂味覚、砂糖味覚が多い所以でもあります。

 ミシュランなどに右往左往することなく、日本人は、日本人の味覚で吟味すべきと思います。銀行格付け、大学格付け、各種格付けにもつながる話です。

 格付け商売ですから、そう目くじら立てることもないかとも思いますが、マスゴミは欧米の格付けだと有り難がる傾向がありますので、もういい加減、欧米の軛を離れる時ですヨと敢えて苦言。

補足

 「お前、何に言ってんの」というコメントがアンちゃんから付きました。頭に来て削除しました。アンちゃんに言いますが、民族には、民族の限定された環境、虐げられた環境の中で、育んだ味覚があります。それを欧米味覚で不味いといっても始まらないのです。分かるかアンちゃん。

 マサイ族の牛の血のヨーグルトもその類です。それを一律欧米味覚で不味いなど格付けすること自体に無理があるといってるのです。スウェーデンのイワシの発酵缶詰(シュールストレミング)、日本の梅干し、塩辛、くさや、なれ寿司などがあります。

 インドに行けば辛いカレー味の味付けでなければ不味いと感じるのです。メキシコに行けば、やはり何でも辛くしないと食べた気がしないのです。それは暑い気候がそのような味覚にさせているのです。何でもかんでも唐辛子をかけて辛くして、それではすべて同じ味付けになるだろうと顔をしかめても始まらないのです。おいしいものはおいしいのですから。人に強制されて味を評価するものではありません。

 欧米味覚にそぐわないものを切り捨て、それでいいのか。民族の多様性を無視していいのか。いまどき欧米崇拝でもあるまいし、傲慢と言っているのです。それに載せられるバカと言っているのです。バカでもわかる道理です。あんちゃん。お花畑の頭でもここまで説明すればわかるだろう。

« 新聞記事について | トップページ | 橋下さんの快進撃が止まらない »

随筆」カテゴリの記事

コメント

まったくですね。
毛唐にはそのかんかくはわからんでしょう。
これは毛唐の傲慢です。

>マサイ族の牛の血のヨーグルトもその類です
同意します。
自分にわからない物を一方的に処断するのは傲慢です。
こんな幻想からさめるべきでしょうね。

現在、日本は漢心、仏心に加え、毛唐の文化に汚染されています。
それら全ての文化が打ち払われたとき、天皇を中心とした神国日本の日の出の日が来るとわかっています。
毛唐のような傲慢な人間は皆殺しにすべきかもしれません。

なるほど納得しました。刺身は野蛮人の食べ物だとか、なんとか昔は言われてきたけれども、今は日本食が世界的なブーム?と言われていますね。しかしながら、彼らは本当の意味で日本食を美味しいと思って食べているかは甚だ疑問ですね。彼らが日本食を食べるのはあくまでヘルシーだからという認識に基づいていると思います。つまり、これまでの脂質過多・動物性タンパク質からの脱却という意味において、日本食の意義があるのであり、あなたがおっしゃる、「カツオや昆布からとったダシの旨味を美味しいと感じる」という所までには行けてないのだろうなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/53679705

この記事へのトラックバック一覧です: 毛唐に日本の味が分かるのか:

« 新聞記事について | トップページ | 橋下さんの快進撃が止まらない »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ