« 文化包丁を規制する必要がある | トップページ | 9.11遺体ゴミとして処分とのこと やっばり自作自演の噂も »

2012年2月28日 (火)

酒は、気違い水って聞いたことがありますか

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

セガ・オンライン・レトロゲームのサイトを勝手に応援してます。こちら、セガのゲームをパソコンでするサイト アーケード版バーチャファイター2等どうでしょうか。

Fighter2_9

 1世紀の初め頃、中国には前漢と後漢の間に14年間続いた新という王朝がありました。この国は、前漢の外戚に当たる王莽(おうもう)が、前漢の幼帝を退けて自ら帝位について建国したものです。その政治は、中央集権的な国家管理を強めたもので、酒、塩、鉄は政府の専売としました。

 その布告に「それ塩は食肴(しょくこう)の将(しょう)、酒は百薬の長、嘉会(かかい)の好(こう)、鉄は田農の本」(漢書、食貨史)とあります。即ち、塩は、調味のもと、酒はどのような薬よりも心身に効き、宴会になくてはならないもの、鉄は農工用具のもと、故に人民は大いに用いるべしとするものです。
 しかし、政府の役人と商人が賄賂で腐敗したので人民は苦しみ、やがて内乱がおこり、新は滅びました。兵士達は、王莽の死体を「之を節解し臠(れん)す」と記されてますので、バラバラにして刺し身にしたとのことです。(古代中国には人肉を食する風習があります。)

 しかし、王莽の残したコマーシャル「酒は百薬の長」は語呂もよく今日まで残っているものです。皆さんが酒は健康に良いと信じているのは、このコマーシャルの所為なのです。

 しかし、酒は、液体ドラッグが本質です。酒はキチガイ水です。酒のメーカーの力が強く飲酒の害についてマスゴミなどは書きませんが、酒は、薬としての効能のほかに、明らかに害があります。未成年者が飲酒することを法律を以って規制する所以に思いを致すべきです。それは、そうです、害のないものを法律で規制する訳がないのです。

 イスラムにおいて禁酒は広く知られていますが、千夜一夜物語など読みますとアラーは偉大なりというフレーズと共に、飲酒のシーンがやたら出てきます。飲酒の習慣はイスラムにおいてもあったのですが、トラブルの方が目立ちアラーの名において重罪として鞭で叩き尽くして、厳格に禁止したということです。

 キリスト教の米国においても戦前禁酒法を制定しましたが、闇酒が蔓延りギャングがボロ儲けをしただけで、結局禁酒は成功しませんでした。これなども飲酒の弊害を真剣に検討して法制化したものです。様々要因で禁酒は成功してませんが、飲酒の弊害は厳然としてあるのです。米国においては、現在も軍艦内での飲酒は許可された以外は、重罪です。 

 従って、飲酒を法律をもって許可された以降については、飲酒の仕方について学ぶ必要があります。日本は飲酒について非常に寛容ですが、飲酒運転など厳罰化の傾向が顕著で成果を上げてます。

 酒がダメなのではなく、アルコールがドラッグなのです。従ってアルコール度数は、ドラッグの目安として重要です。

 スピリタス 蒸留酒 ポーランド 98度 世界最高純度の飲用醸造酒

 (早稲田のスーフリ、明治のクライスが女を転ばすために使用する)

 アブサン 蒸留酒 フランス 70度前後 水を加えると白濁します。

 ウオッカ 蒸留酒 ロシア 50度前後 無味無臭

 テキーラ 蒸留酒 メキシコ 50度前後 龍舌蘭原料、香り弱い 

 ラム  蒸留酒 英国 42度前後 香り強い

 ウィスキー 蒸留酒 英国 42度前後 香りが強い

 ブランデー 蒸留酒 仏国 40度前後 香りが強い

 泡盛 蒸留酒 沖縄 45度前後 香り弱い

 焼酎甲類 蒸留酒 日本、韓国 35度~25度 香り弱い

 焼酎乙類 蒸留酒 日本 25度前後 香りが強い

 紹興酒  醸造酒 中国 14度~18度 香りは弱い

 日本酒 醸造酒 日本 15度前後 香り強い

 ワイン 醸造酒 各国 15度前後 香り強い

 ビール 醸造酒 各国 5度前後 香り強い

 見てのとおり蒸留酒はアルコールが強く、自然に任せた発酵を主体とした醸造酒はアルコール度数が低い。アルコールが液体ドラッグですので、ビールでアル中になるには、相当に飲まないとアル中への道は遠いのです。ワイン、日本酒でも遠いのですが、焼酎以上はアルコール中毒への道は近いのです。正体なくして酔いつぶれるのには、アブサン、良質ウオッカが最適です。

 日本人は、一般にアルコール分解酵素が少なく、アルコールを分解する能力が弱いと言われてます。アルコール分解酵素がまったくない方がアルコールを飲むと急性アルコール中毒になり急死します。誰がアルコール分解酵素を保有してないのかは、外見からはまったく分かりません。コンパで酒を無理強することは、ロシアンルーレットをしているようなものですのでバカなことをしてはいけません。刑務所と損害賠償で人生を棒に振ります。

 酒が体に合わない方は、化粧パッドに酒を浸して、体に貼れば、10分もすれば患部が真っ赤になります。酒の耐性がゼロという方ですから飲ましてはいけません。飲ませれば、警察で刑事事件として過失傷害罪で取調べを受けることになります。大学当局関係者は、体育会、同好会関係者に、酒耐性試験を義務付けないと莫大な損害賠償請求などでご自身の身が危うくなります。

 昔は、酒の飲み方について、先輩なり、親から講釈を受けたものですが、近頃は食事も一緒にできないような働きの時間帯になりつつあります。先輩も酒の飲み方について講釈できるような人はいないようです。徹底的に飲んだことがないと講釈できないのです。

 私が、酒について知っていることを話すことは無意味ではないでしょう。酒は少しを飲む分には、大脳皮質が適度に麻痺して、日常から解き放たれる効果があります。この効果は、人によって量はことなります。したがって自分はどの程度飲むと適度に酔っ払うのか知る必要があります。酒が体質に合わない人もいますので、少しづつ飲みます。この段階で体が赤くなりジンマシンのようになる人は体質にあいませんので飲酒を止める必要があります。このような方に酒を強要することは、最悪過失傷害罪で告訴される危険があります。また、酒が体質に合わない方は、「ジンマシンがでるので飲めません」などとハッキリ宣言すべきです。単に飲めないと言っても強要されますので、具体的症状を挙げて述べるべきです。

 初心者が少しづつ飲むのは、自分の酩酊具合を確認するためにも重要です。飲酒をしているとある程度30分程度経過すると肝臓がアルコールを分解して、小便にいきたくなります。この小便にゆくときに立ち上がり、歩きますので自己の酩酊を確認します。トイレでは手を洗いながら鏡で自分の目を確認します。充血していると大分酩酊がすすんでいる証拠です。

 さらに、飲酒をすすめていきますと、まわりの方々もメーターがあがり騒がしくなってきます。顔も赤くなり、目も充血して、声が大きくなります。やたら笑ったり、所作も大きくなりおおげさになります。気持ちは大きくなり愉快になります。羞恥心は大分なくなってます。

 さらに、飲酒をすすめていきますと、時々泣き出す人がいます。怒りだす人がでてきます。やたら人にさわりまくる人がでてきます。笑いだすひとがでてきます。泣き上戸、怒り上戸、笑い上戸といい、昔から知られている人の酒癖です。自分はどのタイプかしっておく必要があります。怒り上戸の人は、皆の顰蹙をかいますので、よほど注意して飲む必要があります。

 さらに飲酒をすすめていきますと服を脱ぐひとがでてきます。熱くなりシャツを脱ぎ、下着一枚で飲んでいる人がでてきます。二次会、三次会などすべての服を縫いで飲む人も珍しくないのです。裸で過ごすことは、開放感があり爽快です。解放感に負けてしまうのです。近頃は、この行為は、店内であっても猥褻物陳列罪として警察に逮捕されます。

 さらに飲酒をすすめていきますと、相当にろれつがあやしくなり、言語が明瞭でなくなり、足取りもあやしくなります。おなじ事を何回もくどく言うようになります。この段階まで飲酒すると大脳皮質はほぼ麻痺しています。頭に浮かび行動しようとしたこは、そのまま行動にでます。綺麗なオッパイだ、さわろうと思えば抑制されることなく触るという行動にでます。普段かわわい子と思っている部下に「一度だけ抱かして」とか、「一度だけキスさせて」など運悪く頭に浮かぶと即言葉になり、行動にでます。これが標題の「酒はキチガイ水」という所以なのです。まさかという行動にでることができるのです。

 ですから、昔から婿候補者にシコタマ酒を飲まして圧迫面接をすると、本性がでますので良く用いられたのです。大脳皮質が弱ってますので、理性で本性を隠そうにも隠せないものなのです。

 マスゴミ報道の痴漢騒ぎは、この類のものです。酔った米兵が他人の家に上がり込むなど報道されてますが、同じようなドアのマンションでは階を間違えて他人の家のドアを開けることなども良く聞く話です。昔は、許されたことも今は住居不法侵入で逮捕されます。電車に乗ってもよおして、小便しようと出したら即逮捕です。駅構内でトイレがわからず、面倒と小便しながら歩いたら即逮捕です。

 要注意は、この時点です。初心者の人は、ついこの段階に至るとコップにウィスキーを半分程度ついてがぶ飲みすることがありますが、これが事故の元です。最後に飲酒のペースをがぶ飲みにしてしまうと、ボデーブローのようにダメージが大きく、まともに歩くこともできなくなります。特に、宴会が終わり、乾杯で締める時になみなみと酒をつがれ勢いで一気に飲むと酔いが酷くなります。余程注意が必要です。飲酒は、最後までペースを守ることです。適度に酩酊を確認して飲酒のペースを調整することです。

 一度極度に酩酊するとその場で回復することは不可能です。一旦血中にアルコールが入ると、肝臓がアルコールを分解するまで血中のアルコール濃度は変化しません。体がギブアップするとアルコールは分解されずに体に毒であるアセトアルデヒドにとどまりひどい二日酔いとなります。体力が回復して再びアルコールを分解するまで二日酔いは続きます。飲みすぎた時に、吐くことは肝臓のアルコール分解量を軽減するために効果がありますが、前述のように血中アルコール濃度は変化さすことができません。嘔吐の段階までゆくと、当日の回復は不可能です。したがって、「ヤケ酒」を外で飲むことは犯罪ととなり合わせですので、余程注意が必要です。昔は、酒の失敗は大目に見る風潮がありましたが、現在は警察に通報、即逮捕です。強姦罪では誰も雇いません。ウラ街道まっしぐらです。

 一気飲みを新入生など酒の耐性のない方に強要すると死亡することがあります。アルコールアレルギーのある方は、確実に死亡しますので、犯罪であることを良く認識することです。若いのに、人生終幕では、あまりに惨めです。

 泥酔して、意識がないにも関わらず体力がある方は、動くことがあります。このような時に、他人の家に上がり込むと住居不法侵入罪で警察に逮捕されます。留置場にご厄介になり、指紋をとられて、新聞に載り、会社に通報されて、職を失うことになります。

 次の記事は、この例です。

 「陸上自衛隊第一高射特科群長(一等陸佐)◯◯容疑者(47)を傷害と住居浸入容疑で現行犯逮捕した。 同容疑者は、◯日午前2時頃、同市◯◯の見ず知らずの女性宅の敷地でベランダの外窓を叩き、出てきた女性の胸ぐらをつかんで投げ、唇を切って胸を打撲するけがを負わせた疑いがある。」。午前2時ですから、既に6時間程度飲酒をしており、泥酔状態です。なんとか帰宅しよう朦朧とした頭で、外窓を叩き、家主と口論になり、事件が起きたという顛末の筈です。この方と同じように飲酒すれば誰の身にもおきることです。一等陸佐とは、誰でも防衛大学校に異動を命じられれば教授配置になる方です。ありえないことが起きるのです。気違い水の所以なのです。

 夏場ですと暑いので、衣服を脱ぎます。泥酔していると寝る方は、いいのですが、泥酔して意識がないにも関わらず、行動することがあります。このような時に暑い場面に出くわすと、公衆の面前で全裸になることがあります。気分が良くなって、全裸で路上で寝ることがあるのです。男女を問いません。また、泥酔して寝ると醜態を曝け出します。寝相が悪い程度ではなく、回りに人がいるにも関わらず、陰部をボリボリかくとか、オナニーをするとか普通にあるのです。これでは百年の恋も覚めます。

 新宿あたりを歩いていると女性でも極度に泥酔して、這いつくばり、嘔吐している人をみかけます。酔いつぶれている人から介抱するふりして財布を抜き取る輩にあうことになります。乗り過ごして八王子まで行くことになります。キャッチにひっかかりぼったくりバーに連れ込まれることになります。このような事は酒飲みは多かれ少かれ経験していることです。酒飲み修行は、簡単ではないのです。

 有名な歌手で高倉健さんの奥さんだった江里チエミさんは、泥酔して嘔吐した吐瀉物が喉を塞ぎ窒息死したのです。泥酔とは、警察のご厄介になることと紙一重なのです。

 これは、自分の酩酊について良くしらないために起きることですので、是非自分がどの程度飲酒をすればどうなるのか知ってもらいたいと思います。

 昔から、ちゃんぽんで飲むと悪酔いするとと言われてます。それは濃度の違う酒をちゃんぽんで飲むとビールを飲む感じで日本酒を飲むと酩酊は一気にきて気がついたときには腰がたたなくなることから戒めとして言われているものです。

 初心者に注意してもらいたいことは、飲み較べは外では極めて危険です。自分の限界を越えて飲むと人間である限りどのような人も必ず泥酔状態になります。カクテルは、強い酒で割ってますので、飲み口は甘くまろやかですがカクテル一杯は、清酒一合にあたります。即ちワンカップ一杯飲んだのと同じ事です。カクテル5杯も飲むとかなり酩酊する筈です。注意が必要です。ウオッカで割ったカクテルは要注意です。ジゴロがオンナを転ばす時にカクテルを呑ませるのは常套手段です。大学のサークルでスピリタス98%にサワーを混ぜて女を転がす飲み物として使用している例があります。強姦罪で逮捕された早稲田のスーフリなどです。(主犯懲役14年)、現在は、明治のテニスサークルのクライスが該当します。一生を棒に振り、強姦致傷罪で逮捕実刑確実です。慶応のヤリサー広告学研究会も馬脚を現して刑事罰確実です。対面を気にして隠蔽ですから質が悪い。頭の悪い子を持った親が可愛そうです。

 スーフリの懲役犯を自民党の太田誠一さんが「元気があってよろしい」と言ったから持つはずもなく、全てを失いました。 

 東大の頭の軽い連中が強姦目的ヤリサー同好会を立ち上げて逮捕されてます。強姦被害者処罰感情極めて強く実刑以外あり得ません。遅かれ早かれ、どこかの時点で逮捕される身だったのでしょう。このようなバカを社員として雇うと会社は倒産します。累は人事採用担当者、課長にも及び退職を避けられません。本人は、裏街道、貧困確定です。

強姦致傷罪が周知されたのは喜ばしいことです

 酒の勢いを借りて眠るのは、あまりよい睡眠ではありません。大抵夜中に脱水症状となり喉が乾いて起きて、以後眠れなくなくなるか、鼻腔が充血して、鼻がつまり息苦しくて起きるかします。記憶がなくなるほど飲酒の上の睡眠は、失神して睡眠していると大差ありませんので脳へのダメージは大きくなります。

 また、飲酒の上、子供を作ることは正常な受精を妨げますので極めて危険です。子供の将来のためにも是非やめてもらいたいと思います。館山に海軍航空隊がありました。帝都防空に当たる海軍のパイロットは、空の要塞のB−29の迎撃に当たってました。高度1万メートルを飛ぶ爆撃機に高度8千メートルが限界の戦闘機が挑みました。ほとんど失神状態で闘い抜きました。出撃の前に死ぬほど飲んで、芸者と遊ぶことは止むを得ないことかもしれません。しかし、芸者が孕んだ子供に精薄児が極めて多いのです。昔は、館山にその母子達のための夥しい専用の区画がありました。戦争の犠牲者というよりは、酒の犠牲者なのです。

 よって、男女とも泥酔の上、子供を作ってはいけません。精薄などの障害者出生の確率は飛躍的に高くなります。女性の方は、男性が酔って避妊具をつけずに性交することは断然拒否すべきです。アルコール飲料の売上に響くような研究は世の中に出回ることはありません。念のため。いつか、懲罰的損害賠償請求が酒造メーカーになされる日もくる筈です。メーカーは防波堤として酒の害があることを製品に刻印してます。注意して見てごらんなさい。

 おもいつくままに書きましたが、社会人として飲酒は、必須の科目ですので飲み方については良く勉強する必要があります。女性が飲む機会が多くなってますので良く勉強してもらいたいと思います。

関連記事

酒は気違い水2

酒は百薬の長について

補足1

ピーチ何だかの社長がジ゛コロとは こちら

補足2

 酒が一時的に強くなる薬は、中外製薬のグロンサンです。これを飲酒前に服用すると、普段よりは、肝臓の働きが良くなり相当飲めます。どうしてもお客様と飲んで、酔ってはいけない時に活用するといいでしょう。本番前に一度試してどのようなものか確認すると良いでしょう。また、接待などで飲酒する時には、絶対に酔わないと強い意思を持つことで酔いません。

補足3

 この記事は、良く読まれますので酒に対する関心が高いのだと思います。そこで、アルコール依存症について書いておきます。

 アルコール依存症は、誰でもがチャンスがあれば罹る病気です。そのきっかけは、例えば独身、単身赴任で休日になれば朝、昼から飲むというようなことは、良く行われてます。主婦が昼間、飲酒しながら料理を作る、夜の寝酒がなければ寝られないなどがきっかけとなります。

 誰でも、止めようと思えばいつでも止めれると過信してます。自分は依存症でないと思ってます。

 大量の飲酒は肝臓に負担をかけますので、長期間一定量を飲み続けますと、毒素を排泄できずに、体臭が強くなります。もちろん良い臭いではありません。その方がいれば部屋中が臭くなり、臭くて仕事にならないというようなものです。

 これは、飲酒を一定期間、止めると元に戻ります。肝臓に頑張ってもらうために、肝臓付近にタイプの使い捨てカイロを下着の上から貼ると卓越した効果があります。

 アルコール依存症が問題になるのは、社会生活を営むことが困難になるためです。酒を飲まなければ、手が震えるなどは、漫画で描かれますが、実際は、違います。

 例えば、睡眠を例にとると、飲まなければ寝れないという脅迫観念があり、飲んで寝るがドンドン睡眠が浅くなり、即ち夜中に起きてしまう、最後には、飲んでも二時間位で起きるというような事態になり、飲んでも眠れないというような事態に直面し、変だと気づく訳です。

 あたり前です、酒は液体ドラッグなのです。精神科で処方する薬と同様の効果をもってます。毎日飲めば効果は、薄れ、更に大量に処方しないと同様の効果を得られなくなるものです。一時的に楽しくなり、あるいは、目的の効果を得ることはできますが、その効果は、長続きしないのです。

 独身女性など、1人身の方は、誰に迷惑をかける訳でもなく、音楽をかけて、ビールを飲んで、ハイになり、洗濯して、掃除をしてという方もいます。しかし、ビールは覚めます。覚めた後は、体はだるく、何もすることができなくなります。夜寝る前にまたビールを飲んで眠る、夜中二時頃に目覚めて、またビールを飲んで寝なおしでは依存症です。最後は、飲んでも眠れなくなります。

 これを治すには、変だと気づくことができなければ改善は望めません。脳がおかしくなっていると気付くことです。気がつけば、ビタッと止めることです。すると最初は、改善の効果は、初日はでにくいのですが、二三日で効果はでます。少なくとも夜中2時に目が覚めて寝れない事態は改善される筈です。少し改善されると忘れてまた飲みたくなるので要注意です。飲酒による弊害を思いだして断然液体ドラッグと縁を切るべきです。

 朝から飲むというような方は、ピタットと断酒して、ランニングに変えることも効果があります。一説では、酒をランニングに変えただけという方もいますが。即ちランニング依存症になり、ランニングしなければ一日が終わらないということになる訳です。それでもよりマシな依存症です。

 依存症を直す第一歩は、「自分はおかしい」と気付くことです。そして、一気に断酒することです。劇的に効果がでます。やはり人を強制的にハイにする酒は、「気違い水」なのです。

補足4

 米海軍は、艦内で飲酒することは重罪です。飲酒の弊害を知悉しているからです。宇宙船も飲酒はできません。飲酒をすると普段のストレスが開放され、思わぬ事故が起こるからです。

 これは、ノーベル賞を受賞してようが、人間である限り誰にでも生起することです。アルコールが大脳皮質を麻痺させて原始的な本能を開放させることは常識なのです。アルコール会社が宣伝に余念がありませんが、簡単に言えば、アルコールは弊害の比較的に少ないドラッグなのです。このことを忘れてはいけません。弊害が比較的に少なくても大量に飲酒すればドラッグの本質が現れます。むしろ大麻の方が弊害が少ないかも知れないのです。政府の言うことはまず、頭から信ずることなく、様々な利害得失、しがらみの中で発言しているのであり、疑ってかかることが必要です。

補足5

 Lシステイン含有の「ハイチオールC」が二日酔いの原因であるアセトアルデヒド分解酵素の分泌促進に効果があるとのこと。試してみてはいかがでしょうか。

« 文化包丁を規制する必要がある | トップページ | 9.11遺体ゴミとして処分とのこと やっばり自作自演の噂も »

随筆」カテゴリの記事

コメント

グロンサンは大正製薬製品ではありません。
以前は中外製薬販売で、現在はライオンです。

ご指摘ありがとう御座います。訂正しました。

「きちがいみず」の表現では結構面白かったです。

昏睡後、起きてから身体は辛い。
が、
もっと、辛いのは、そのあと。
半分正気なのに、「無気力」で「鬱々」として「やりきれない」境遇に陥る。

だったら、呑むのを止めればいいのに。

「キチガイ水」で検索してやってきました。

私のいる業界(兼業で2つの職をしています)では、どちらの業界も、酒宴が多いです。片方の業界は、学生の頃から未成年でも当然のように飲まされました。その業界は、下手をすると仕事中に飲んでいても許されるような環境で、繁忙期の朝から飲んでいる人もいました。
今片足を突っ込んでいるもう一つの業界も、酒席が多々あります。この時期など、上の人間は夜に週4~5回は飲んでいるような状態です。

因みに私は、昔から体質的なものか(検査したことはありませんが)お酒に弱く、チューハイのようなものでも2~3口飲むと3~40分後には夢の中で、またビールは一口もダメです。日本酒も御神酒程度で飲んでも口の中に違和感が残ります。

酒には、文化があると思います。酒の歴史は、人間の歴史です。日本の神話にも世界の神話にも、酒は様々なシーンで出てきます。日本において日本酒は、米文化と切っても切れぬものであり、神社祭祀においてはコメの次に重要な神饌とされます。

しかしながら、それと飲酒を強制したり「酒席のことだから」とうやむやにしたりするのは、全く別のことであると思います。体質などにより受け入れに差が出るものを強制するのは、「アレルギーは甘え」と言うのと同等、いえ、酒は強い人が飲んでも判断力を狂わせる事が出来るので、それ以上にタチの悪いことであると考えます。

人に迷惑をかけず家で飲む、というのなら大いに結構。しかし、外で飲酒し他人に迷惑を掛ける人間は、後を絶ちません。そして彼らはは事後に言います。「酔ってたので…」と。酔う事=飲酒が不始末・不祥事を誘発するというのであれば、それは飲酒と言う行為が悪であるという事です。今の世の中分煙は当たり前になりましたが、外における飲酒には、喫煙程の制限がありません。個人的には、飲酒も喫煙同様に制限されるべきだと考えます。喫煙を原因とする喫煙者本人以外の死亡・または事故と、飲酒を原因とするそれ、一体どちらが多いのでしょうか。喫煙については火災事故などはともかく副流煙については統計がとりにくいでしょうが、酒は飲酒運転による死亡事故、飲み屋での喧嘩等、それを直接的原因と断定できる事案が多くあります。

しかしながら政治家は、飲酒や酒販については、手をつけたがりません。酒販メーカーの政治力はよく分かりませんが、自営業を中心とする飲酒を伴う飲食業と言うのは、地方レベルでは確かな票田です。そして、現在社会で有権者の多数派を形成している団塊世代、またその周辺の年齢層というのは、「酒は吐くまで飲む」というのが当たり前、と言う人生を送ってきており、「飲まない」と言う選択肢がない人たちです。これらを背景(票田)とする政治家は、飲酒を規制するようなことはしません。ある政党などは寧ろ、18歳選挙権に合わせて飲酒喫煙年齢の引き下げを図ろうとしました。どういう背景と意図か、明々白々です。

私は敢えて、今こそ部分的な禁酒法を制定すべきと考えます。部分的とは、外食における飲酒の規制です。
勿論、酒を出す店を全て無くせと言うのは現実的ではないですし雇用や経済にも影響がありますから難しいと思います。ただ、せめて飲酒に伴う事故に対する責任などを取らせ、その責任を果たせる者だけが酒類の提供を許される、とすべきではないかと思うのです。それは、具体的に提示できるものがあるわけではないのですが、例えば現在の日本の銃器の制限レベルの規制を与えることです。

こんなことを言っている私の職業はここでは流石に言えませんので、関心をお持ちいただけたのであればメールなどいただきたいと思います。
因みに私は、自身が飲めずとも酒そのものが嫌いなわけではありません。現に仕事の関係で、酒を升単位でいただきます。それらは全て、親戚や知人に進呈しています。勿論、家で大人しく飲める人たちです(昔アル中の知人が居ましたが、絶縁しました。そいつは、無理がたたり最近死んだようですw)。また、土産にご当地の酒を買ったりもします。上述の通り酒造りは文化だと思っていますし、それそのものが責められるべきではなく、責められるべきは「(人間にとり毒素となりうるアルコールを含む)酒を飲んで当たり前」「酒で酔ってやったことは許される」と言う風潮であると考えるからです。仮に自宅飲みで急性アルコール中毒や吐しゃ物による窒息で死亡しても、それは寝タバコによる火災死と同様、巻き込まれた犠牲者が居ない限りは自爆による馬鹿の末路なだけです(ちなみに私は元喫煙者ですが、ここ6年は禁煙に成功しています)

本日酒を伴う会合があり、上役が辛そうにしていたため、また、大学内での飲酒で女子学生が死亡したというニュースを見て、酒についての思いの丈をぶつけてみました。

 コメント有難うございます。外食時における飲酒の規制は難しいところもありますが、取りあえず酒は液体ドラッグであることを義務教育過程で知悉させることが必要と考えます。道徳教育において、必須項目として飲酒の害について徹底的に叩き込むことから始めるべきでないでしょうか。ナマハゲではないですが、幼心に飲酒は悪という観念を叩き込むことが必要でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/54098732

この記事へのトラックバック一覧です: 酒は、気違い水って聞いたことがありますか:

« 文化包丁を規制する必要がある | トップページ | 9.11遺体ゴミとして処分とのこと やっばり自作自演の噂も »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ