« 人類の未来にどのような夢を描くのか | トップページ | 選挙は近い »

2012年2月 6日 (月)

民主党は、一議席もとれない

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 野田政権は、増税路線不退転とのことです。しかし、官側の身を削る努力は不十分と国民の誰もが思ってます。現政権は、麻生政権と非常に似ていると思います。起死回生を期し、政権浮揚を図っているうちに、リーマンショックもあり、時期をドンドン逸して、なし崩し的に選挙に入り歴史的敗北を喫しました。野田政権と似ていると思います。菅政権が民主党政治に対して、アレルギーがでるくらいにズタズタにして、選挙民から握手も拒否される状況を作りだし、引き続く野田政権も民主党の公約のデタラメぶりが毎日テレビで放送されます。何とかとおもっている内に、やむを得ず選挙に入り、回復できないほどのダメージを追うはずです。勝つのは自民党ではありません。現状について、国民の誰もが自民党に責任があるとおもっているからです。いずれにしても民主党について堪忍袋の緒が切れた、首を洗って待っていれと思う有権者の方は多いのでないでしょうか。

 選挙が遅れれば、遅れるほどハシズムの政党有利となり、決定的な勝利を手にします。ハシズムは、決めれない従来の政党に対する怒りです。政友会と民政党が、足の引っ張り合いをして、軍部が台頭したのとソックリです。
 この流れが、吉゛とでるか凶とでるかは、神のみぞ知るです。老い先がそんなに長くはないので、その行き着く先、恐らく十数年後の結果を目にすることはないと思いますが、戦争だけはしてもらいたくないものです。

関連記事 橋本さんの快進撃がとまらない

« 人類の未来にどのような夢を描くのか | トップページ | 選挙は近い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/53872013

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は、一議席もとれない:

« 人類の未来にどのような夢を描くのか | トップページ | 選挙は近い »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ