« ロイター速報 パチンコ業者一千億の申告もれ | トップページ | 民主党 来週にも円高デフレ対策チームをつくるとのこと »

2012年2月13日 (月)

現預金への課税について

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 橋本さんが、私が以前民主党へ提言したことと同じようなことをいってますので、再掲します。

現預金への課税について

 自動車重量税があります。保有することに対して課税する税です。
同様の考え方で、現金預金保有税を設置するというものです。現金預金1000万円以上につき、1%程度毎年課税するもので、銀行の天引きとなります。1%の課税ですと毎年の利子を大幅に超えるものです。

  そこで、1000万円を超える分は、株式、投資信託、土地を購入するとそれらを保有することには課税されないとするものです。現 在のデフレは現金を使用しないことに端を発しますので、現金、預金を土地、日本国有価証券に流れるようにするものです。1000万までは、現金預金で保有 し、それを超える分は、土地、日本国有価証券を保有するように誘導するものです。これは資産の黄金比率資産3分法にも合致しますので、合理的な誘導と考え ます。

 日本国以外の有価証券には、保有税をかかるようにして日本国有価証券を購入するように誘導すべきと思います。また、現金のたんす預金については、発 見時に現金預金保有みなし課税で10%とするなどの措置をとれば良いと思います。1000万円を超える現金預金につき、課税するものですから、相続税にお ける軽減措置があってもよいかもしれません。経営者については、登記簿謄本で代表が確認できた場合は、3000万円までの現金の保有を認めるなどの措置も 考えられると思います。銀行天引きが味噌です。

 これは、換言するとデフレ下で利子がほとんど付かない現在、マイナス金利ということでもあります。20年もデフレですので、マイナス金利は試みる価値があります。

« ロイター速報 パチンコ業者一千億の申告もれ | トップページ | 民主党 来週にも円高デフレ対策チームをつくるとのこと »

政策提言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/53972841

この記事へのトラックバック一覧です: 現預金への課税について:

« ロイター速報 パチンコ業者一千億の申告もれ | トップページ | 民主党 来週にも円高デフレ対策チームをつくるとのこと »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ