« 日本ハムの元投手岩本は生涯63勝、防御率4.44なんだ | トップページ | ネット世論について »

2012年4月27日 (金)

個人情報保護は、マイナンバーに対する遠謀深慮

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 京都の亀岡の集団登校中の児童を死傷させた無免許運転の事故にからみ、加害者の父親が謝罪のために警察から相手方の連絡先を教えてもらったことにつき、警察が個人情報漏洩で謝罪してます。

 折しも、ストーカー事件につき、警察が個人情報漏洩で糾弾されている時ですので、敏感になっているのだと思います。

 しかし、加害者が死亡、入院している時に、警察から相手方の連絡先を教えてもらわなければ、謝罪にもいけません。被害者は、重体につき連絡できない場合に、加害者はどうすればよいのでしょう。事故現場を目撃した人も、たとえ相手を知っていても加害者に好意で教えれば、やはり個人情報漏洩になり、因縁の対象になるのでないですか。しかし、謝罪が遅れれば遅れるほど誠意がないと罵られます。

 加害者は、一軒一軒聞いて回るのでしょうか。それでも関わりはごめんとばかりに教えてくれないことにはなりませんか。現状では、このような場合には、業として個人情報、供述調書、検察送致情報などの警察情報、裁判情報にアクセスできる弁護士を入れることがベストの選択なのでしょう。自動車保険も弁護士特約をつけるのがベターなのでしょう。

 いまや、当事者同士が誠意をもって話し合いをするという時代でないのかもしれません。弁護士に委任するや、当事者同士の話し合いはなくなります。窓口が2つになり混乱もし、事案処理上不具合があるからです。

 個人情報が現在のように徹底すると、いやでも弁護士介入とならざるを得ません。現在の事案解決は個人情報の壁を超えるために、いやでも弁護士介入とならざるを得ないということです。この点、業として個人情報、警察情報、裁判情報、医療情報に正当アクセスできるのは弁護士のみであるということを余程宣伝する必要があります。

 日本人が古来持っていた誠意という言葉は、今や色あせ、「誠意を示みせろ」というのはヤクザ言葉になりました。個人情報保護法は、さらに誠意に追い打ちをかけて、事案は単に法技術的に解決するだけのものになりつつあります。

 本稿は、このようなことをいうものではありません。個人情報保護法の徹底をほくそ笑む人がいることを喚起するものです。ただ表面を見ていると情報漏洩の問題ですが、法がなければどうという問題ではないのです。10年ほど前に、名簿売りが大規模に行われていることがマスコミで取り上げられ、情報化時代への対応だとか、あるいはマスゴミを利用して徴兵制度に道を開くものだとか有り得もしない恐怖を煽り、国民総背番号制度を葬り去り、返す刀で保護法は用意されたものです。

 しかし、大規模情報漏洩は日常茶飯事です。形ばかりの同意をクリックしただけで大規模に情報は漏洩している状況はますますひどくなり、個人のどうでもいい情報が徹底的にガードされ、いまや緊急連絡網も作れなくなり日常生活にも支障をきたす状態になってます。登記制度は公信制により支えられています。所有者はどこの誰が、抵当権はついているのか、抵当権設定者は、どこの誰か、このような情報なくしては公正な売買ができなくなります。誰もがアクセスできなければなりません。住所、氏名、電話番号、性別、学歴などを個人情報として秘匿すべき事項として、単に政府に刷り込まれているだけです。

 個人情報保護法は、私が考えるに、知られては本当に困る情報を持っている連中を保護するために考えられたものです。世に言う「とうごうさんぴん」です。ぴんは国会議員です。その最たるものは国民総背番号制度で可決寸前までいったのですが、これに危機感を抱いた一部連中が国民総背番号制度(マイナンバー制度)を骨抜きにするために導入したものです。いずれ、国民総背番号制度は導入されると読んだ連中が先回りして導入したものです。個人情報保護法とは、マイナンバーを骨抜きにする遠謀深慮なのです。その制度にマスゴミも国民も踊らされているだけです。さらに国民を保護法は分断して、団結を阻止する副次的効果もあり、ほくそ笑んでいる人がいます。個人情報保護法は、「分断して統治せよ」を体現しているものです。

 今や、自分のことはネット会社のほうが知っている時代になりました。国民は当初意図した大規模名簿売りの実態は全く改善されず、一部連中の情報を保護することになっていることに気付くべきです。個人情報保護が悪法といわれながら全く改善をしようとない代議士、それどころかマスゴミを巧みに使い情報漏洩の事件ばかり流し国民を洗脳する一部連中は悪賢くてどうにもしようがない。掴んた椅子から振り落とされまいと個人情報の取り扱いに萎縮し、立ち竦む姿を見てほくそ笑む人がいることを忘れてはいけません。どうでもいいような個人情報が保護される代わりに、社会全般が分断され、1%の方の徴税の的確な情報がアクセス阻止、隠蔽される状況を皆さんはどう考えますか。これって進歩ですか。

補足

深慮遠謀では語呂がわるいので遠謀深慮としてます。

« 日本ハムの元投手岩本は生涯63勝、防御率4.44なんだ | トップページ | ネット世論について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/54573145

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護は、マイナンバーに対する遠謀深慮:

« 日本ハムの元投手岩本は生涯63勝、防御率4.44なんだ | トップページ | ネット世論について »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ