« breakのまとめ | トップページ | リーマンショックの調整は終わってなかった »

2012年4月 6日 (金)

狡兎死して走狗煮らる

 にほんブログ村 経済ブログへ

 昔から用のなくなったものは、お役ご免が相場です。ネットを見てますと小林幸子さんの昔からの女社長が、お役ご免とばかりに小林さんの元マネージャーの旦那さんから三下り半を突きつけられたとのこと。さもありなん。

 世の中を見渡せば、日常的にあることです。新しく入ってきた後輩に仕事を教えたら、自分がリストラにあったとか、仕事のやり方のノウハウを教えたら、自分に急速に迫ってきたとか、日曜日もつぶしてエクセルで短時間で業務ができるようにしたら自分がリストラされたとか、枚挙にいとまがありません。

 昔から官庁事務官の間では、仕事を教えることはありません。それが当たり前です。長年かかって習得したコツを後輩に教えることはありませんし、後輩も教えを乞うことはありません。おそらく大企業においてもオンザジョブトレーニングといっても教えれば自分がリストラ対象になりますので、どうでもいいとしか教えない筈です。能力に開きがあればあるほど重宝されるからです。

 新入社員も世の中そんなに甘くないことを理解する筈です。「他人の失敗激しく罵れ、自分の失敗笑ってごまかせ」という場面にきっと遭遇しますよ。しかし、それでめげてはいけません。ついでに言うと新幹線に乗っている、自分と10年先の先輩についていけと良く言われます。絶対服従は当たり前です。これは、これで中々大変ですが、世渡りの知恵として覚えておいて損はありません。

« breakのまとめ | トップページ | リーマンショックの調整は終わってなかった »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/54405219

この記事へのトラックバック一覧です: 狡兎死して走狗煮らる:

« breakのまとめ | トップページ | リーマンショックの調整は終わってなかった »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ