« 危なかろうが会社の存続のためなら稼動とは如何に | トップページ | 化学調味料が普及したのは昭和30年代後半からです。 »

2012年5月 8日 (火)

王侯将相いずくんぞ種あらんや

 にほんブログ村 経済ブログへ

 王様、将軍、宰相といっても皆んな同じ人間でないか、血統などといっても僅か数百年も遡ればおなじ境遇に辿りつく、同じ殺されるなら農民として決起して死のうと陳勝・呉広の乱の陳勝は言ったとのことです。

 歌舞伎など人間国宝と上にも下にもおかない扱いですが、数百年も遡ればヤクザの倅が打ち立てたものです。大衆演劇を軽蔑しようにも同じ出身です。

 世の中は、動かないなどと思わないで、Go for break、あたって砕けろです。世の中の革新を起こす人は、身を捨ててかかっています。古来、革新を成し遂げた人で老人はいません。革新は非常な努力を要するからです。若くなくてはできないものです。若いというだけで革新を起こせる候補生の一人です。

« 危なかろうが会社の存続のためなら稼動とは如何に | トップページ | 化学調味料が普及したのは昭和30年代後半からです。 »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/54634647

この記事へのトラックバック一覧です: 王侯将相いずくんぞ種あらんや:

« 危なかろうが会社の存続のためなら稼動とは如何に | トップページ | 化学調味料が普及したのは昭和30年代後半からです。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ