« 議員最後の年に修学旅行とは如何に | トップページ | 時事英語に親しみたい方は、ロイター日本語版はいかが »

2012年5月12日 (土)

道理に合わないことをしてはいけない

 にほんブログ村 経済ブログへ

 何度もブログ提案してますが、道理に合わないことをしてはいけません。

    何十年も掛けつづけた国民年金の満額が7万円を切れて、片方で一時的不遇の方に12万円も延々と支給しつづけるのは道理に合いません。日本が右肩上がりで掃いて捨てるだけの資金に余裕があるならば別にとやかく言いません。日本が既に1000兆円の借金があり、年々の予算も半分は借金でなければ予算を組めない、ニッチもサッチもいかなくなりつつある今、憲法25条を盾に取り、なお人の借金で健康で文化的な生活を送ることは、人倫にもとります。すなわち自分の痛みを人に押し付けて借金暮らしをしているのです。これは全く道理に合わない生活で人倫にもとります。

 人道的見地から言っても、国民年金の支給額を越えることはあり得ません。汗水たらして何十年も掛けつづけた国民年金の満額を生活保護が越えることは許されません。国民年金の支給額で現に生活している人がいるのです。それを何も掛けないで国民年金の満額以上支給されることは人倫にもとります。

   これは、偽装離婚して生活保護を受給する温床にもなっています。どうしても生活できない身体的不具合がある方は、付加的給付をすれば良いのです。これとてもまだ措置として緩やかなものです。

   更に日本が追い詰められれば、すべて生活保護は貧窮院収容にならざるを得ません。さらに最貧国化すれば、貧窮院さえもできません。当たり前のことです。憲法25条は努力目標です。固定化されてものではあり得ません。

 現在の措置は福祉ゴロに引きずられて人倫にもとる政策を取ってます。早急に改めるべきです。

関連記事 道理をわきまえない代議士、国民

« 議員最後の年に修学旅行とは如何に | トップページ | 時事英語に親しみたい方は、ロイター日本語版はいかが »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/54686079

この記事へのトラックバック一覧です: 道理に合わないことをしてはいけない:

« 議員最後の年に修学旅行とは如何に | トップページ | 時事英語に親しみたい方は、ロイター日本語版はいかが »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ