« 日本人は忘れやすい | トップページ | シニア世代とトイレ »

2012年8月17日 (金)

成長率名実逆転、16年ぶり解消

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

政府は16日、2013年度の経済成長率について実質で1.7%、名目で1.9%とする見通しを固めた。総合的な物価動向を示すデフレーターは16年ぶり に上昇に転じ、デフレ経済の象徴だった名目成長率が実質を下回る「名実逆転」の現象が解消する軌道を描く。名目成長率の上昇で来年度の税収見積もりが増え る可能性もある。
日本経済新聞 2012.8.16

日銀の資産買い入れ効果は、ジワジワ効いてきてます。ガンバレ日銀

補足

 デフレ下では、価格が下落しているので前期と同じ売上をあげるにはより販売数量を上げなければ売上下落となります。骨折り損のくたびれ儲けなわけです。懸命な販売努力が価格下落で打ち消されている訳です。実質は販売数量、即ち生産量のみに着目した成長率概念です。名目は価格調整後の販売額即ち生産量です。価格が上昇していれば、前年同期の販売数量でも販売額は増加します。逆に価格が下落している時は、実質成長率が上昇しても、名目成長率でみれば販売額は、縮小していることもあるわけです。名目が上回るとは、価格が上昇基調にあるということです。

« 日本人は忘れやすい | トップページ | シニア世代とトイレ »

経済政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/55441782

この記事へのトラックバック一覧です: 成長率名実逆転、16年ぶり解消:

« 日本人は忘れやすい | トップページ | シニア世代とトイレ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ