« 尖閣諸島問題は危険な領域に入りつつある | トップページ | 中国と開戦というと妙に高揚した気分がネットに溢れている »

2012年9月17日 (月)

人民網日本語版 遭遇戦も持久戦も厭わず

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 われわれは釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題において日本と「遭遇戦」を戦う自信があるし、「持久戦」を戦う準備もある。いかなる形の闘争であれ、日本はいかなるうまい汁を吸うことも、その場をやり過ごすことも不可能だ。(最後通告)

 日本が中国固有の領土である釣魚島とその付属島嶼である南小島と北小島をいわゆる「国有化」してから数日も経たぬうちに、日本の政治屋の嘘はひとりでにぼろが出た。

  日本メディアのスクープや日本政府のする事なす事によって、「『島購入』は『平穏で安定的な管理』のためであり、石原慎太郎の『島購入』を阻止するための 『やむを得ない』行為であり、『好意』だ」との日本政府の説明が全く世を欺くものであることを世界の人々は一段と確信した。事実が証明するように、日本政 府と石原慎太郎を筆頭とする日本右翼は「二人羽織」をし、互いに利用し合って、分かれて進みながら攻撃時には力を合わせる、完全な同じ穴の狢なのだ。「島 購入」問題では、橋渡しをしただけの石原に日本政府がこれ幸いと迎合した。双方共に釣魚島に対する日本の「主権」、実効支配を強化し、機会をうかがって占 領するのが目的だ。

 「島購入」の決定をした後、日本政府は決して心中穏やかではなく、中国側の反応を注意深く観察し、評価している。 中国側が断固たる姿勢を示せば、一時的に立ち止まる。ありきたりな反応なら、既定の方針に沿って一歩一歩前進する。日本の一部政治屋はさらに深い謀もして いる。つまりこれを機に軍備を拡張し、民族主義的感情を煽り、平和憲法改正といわゆる「集団的自衛権」行使の雰囲気を醸成することだ。石破茂ら大物政治家 は自衛隊を「国防軍」に再編することを主張している。こうした論調は偶然ではなく、長い間準備されてきたものであり、今回の件を利用して表に出て来たの だ。

日本は釣魚島問題でみみっちい計算をしている。「中国側の反撃 措置と中国人民の憤怒は一時的なもので、しだいにおさまるので、日本側はしばらく身をかわし、機会を見て動けばいい」と考えているのだ。「中国側は中日経 済の相互依存に考慮し、さらなる反撃措置は講じない」と考えているのだ。

 だが日本政府の虫のいい計算は全くの誤りだ。日本の不法な行 いを中国は断じて容認しない。連日来中国は力強い措置を講じて日本の挑発に断固反撃し、領土主権を守る揺るぎない意志をはっきりと示している。釣魚島問題 において、真っ向から対立する闘争はとっくに行われている。われわれには日本と「遭遇戦」を戦う自信があるし、「持久戦」を戦う準備もある。いかなる形の 闘争であれ、日本はいかなるうまい汁を吸うことも、その場をやり過ごすことも不可能だ。

 引き延ばして変化を待つという日本の射幸心が報われることはない。日本は「島購入」が中日関係におよぼす害を過小評価し、中国の反撃の程度を見誤った。日本は自ら恥をさらす状況を作り出しているのだ。

  日本が釣魚島問題で過ちを認めることを拒み、さらには過ちの上に過ちを重ねたことで、国際社会は故意に紛争を引き起こそうとする日本の腹黒い魂胆を一段と 明確に見抜き、日本の今後の行方に対する懸念を深めたのである。「釣魚島問題における日本側のやり方は第二次大戦後確立された国際秩序への挑戦であり、右 翼が国内政治をあやつることを容認する火遊びだ」と考える著名人が世界で増えている。日本は歴史事実、中国の厳正な立場と断固たる意志、国際社会の正義の 声を正視し、根本的に改めて、中日間の共通認識と了解に正真正銘立ち戻り、交渉による係争解決の軌道に戻って来なければならない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月17日

記事要旨

 外交交渉により、中国の主張を全面的に取り入れて、尖閣諸島の領有権を放棄しなさい。(中国の領有権を認めなさい。)さもなければ、武力で解決することになりますよ。それでもいいですか。(最後通牒乃至最後通告)

日本国の一市民から返礼 

 誠にありがたいご忠告、痛み入ります。日本には日本のやり方がありますので、我慢比べです。 悪しからずご了承下さい。

補足1

 国と国が戦う場合には、最後通告乃至最後通牒がなされます。国際儀礼上戦争の儀式となってます。戦後67年平和ボケのため忘れているかも知れませんが、念のため。

補足2 人民網日本語版 経済制裁について 9月18日

「やむなく経済的手段の引き金を引く場合、盲目的に撃つことはあ り得ない。日本側への殺傷力が大きく、中国側への損害が少ない目標に入念に狙いを定め、日本の急所に的中させる。日本の製造業、金融業、および特定の対中 輸出商品、対中投資企業、戦略物資の輸入の、いずれもが目標になりうる。中国の放つ「銃弾」は単一の種類ではなく、「組合せ式」だ。経済戦争を発動すれ ば、中日互いに傷つくが、中国には「味方が800人傷つこうとも、敵を千人殺す」意志と耐える力がある。」

共産主義について1分で理解したい方は、こちらの記事が役に立ちます。

レナウンに見る環境適応行動の失敗

補足3

 共産主義国家は、必要であれば、数千万人程度は平気で抹殺する政治体制であることは片時も忘れてはいけません。容易でない相手なのです。北朝鮮は更に徹底してます。気違い相手、ゾンビと思った方が的を得てます。


« 尖閣諸島問題は危険な領域に入りつつある | トップページ | 中国と開戦というと妙に高揚した気分がネットに溢れている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/55679839

この記事へのトラックバック一覧です: 人民網日本語版 遭遇戦も持久戦も厭わず:

« 尖閣諸島問題は危険な領域に入りつつある | トップページ | 中国と開戦というと妙に高揚した気分がネットに溢れている »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ