« 尖閣諸島問題は、ジョセフ・ナイの戦略に沿って進んでいるかも | トップページ | 日米安保は何ためにあるのか »

2012年9月28日 (金)

尖閣諸島問題は、国有化か棚上げか

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 尖閣諸島問題は、日本の国有化が中国に棚上げの一方的破棄と断じられて、紛争している問題です。中国は、日本の領有権の放棄ないし、中国の領有権を認めろと言っては、いません。棚上げでもよいと水を向けてきています。日本が、なお国有化に拘るならば、闘争の激化は避けられません。日中戦争も視野に入ります。
 この問題は、中国が核心的利益と言っている魚釣島を断固国有化路線を継続して、膨大な経済的損失を被っても、戦争となっても、やるのか。それとも、想定外という、準備なしの紛争路線を修正して、再度棚上げ路線に戻し、外交交渉で決着をつけるのかという路線の選択を国民に問うてもらいたいと思います。
 この度の野田政権の失態、失政は目に余るものがあり、すぐに行われる総選挙では外交路線即ち国有化堅持か棚上げ回帰か、国民の判断が必要です。国有化堅持であれば闘争激化は避けられませんが、いかなる結果も国民の判断ですので止むを得ないと思います。まず路線をどうするか国民に是非信を問うてもらいたい。

国はその隣人は選択できないが、付き合う道は選択できる。日本について言えば、釣魚島問題において日本は一体対話を選択し、係争を棚上げし、事態を沈静化し、中日友好関係を発展させるのか?それとも対立を選択し、紛争を拡大し、摩擦を激化し、重要分野での協力の中断を招くのか?中国人民網9.27

棚上げ回帰への案 

一度契約を戻して再度次の内容で契約を締結する。

○契約に基づき、元所有者に契約金額と同額で買い取ってもらう。
○再度契約する。内容は、国が島に契約金額と同額の担保権を付与して、島を担保
に契約金額と同額を無利子融資する。期間は10年とし、双方異議のない場合は、
同一条件で10年単位の自動更新とする。契約期間満了時一括返済する。
いかなる債務・債務も政府同意を必須とし、上陸させない、調査しない、開発しないと
する旨の特約を付す。(政府同意のない債務・債務は、無効となる)

なお、心配であれば、法律で「国際的係争地の債権・債務に関する法律」を制定し、
国防上の理由から政府の同意のない、債権・債務は無効とする旨定めればよい。
違反者には、懲役15年程度の罰則付きとなります。契約が無効の上、懲役では
割に合いませんので違反するものはいません。

この案では、中国の主張も通り面子も立ちます、今後協議を継続する形にできます。


補足
 軍事大国中国の鼻の先にある尖閣諸島が、中国の核心的利益と合致しており、中国が
領有権を主張してきた場合には、青ざめる位の覚悟が必要です。尖閣諸島付近に膨大な
石油、ガス田があることは、40年も前から判明してました。(めのこで1000億
バレル7000兆円程度)簡単に奪れるものなら欧米石油メジャーが手を出さない筈
はないのです。それを手を出さないのは、軍事大国中国と争って勝利する可能性がない
からです。平和憲法を抱いて、核爆弾もなく、中国に比較して圧倒的に量で劣る自衛隊
を有して、米国の肩入れもなく、どうして相手に領有権を認めさせることができると考
えるのか。人の庭の境界近くで膨大な宝が出て、独り占めしようとすると血の雨が必ず
降ります。国有化は、中国にとって「独り占めに日本は出た」と映ったのです。
更に言うならば、膨大な資源が眠る尖閣について同盟国ならば、当然属国日本の主張を
全面的に支持するのが普通です。上手くいけば資源を分捕ることもできます。
それが「どちらの肩入れもしない」とは、即ち、独り占めは無理と考えているからです。
下手するとなまじ核爆弾を有しているだけに日中戦争で核爆弾を使用する事態も想定で
きるからです。それよりは、ジョセフ・ナイの戦略に従い日中を戦わせ、漁夫の利を得
る策に出ているのです。
 
 要するに尖閣諸島問題は、資源争奪戦なのです。よって、

 将来的に取りうる策は、○資源を全て放棄するか。○資源を独り占めせず、共同管理、
共同資源開発か
、○独り占めの賭けにでるかです。勝利する可能性は極めて少ないと思
いますし、もし敗戦した場合は、日本はなくなります。このどれかを嫌でも選択する必要
があります。とりあえず、今般棚上げしても近い将来必ず選択を迫られます。
 なまじ、資源などなければ良いとも思いますが、なかったことにはできません。

中国は、我が国に尖閣諸島問題を口実として宣戦布告をし、我が国を完膚なきまでに叩き
潰す能力も意思もあります。それに反して、我が国は、独力でそれを防衛する能力があり
ません。チャンコロなどいつでも叩き潰せると勘違いしているととんでもないことになります。
古来大国が小国に理不尽な理由で攻めた歴史は、いくらでも見つけることができます。
米国がイラクを攻撃したのも造られた屁理屈です。理由がなければ造るのが現実政治です。
相手は、共産主義国家です。国家意思をいつでも統一して行動できるのです。しかも、日本人を
虐殺する十分な動機付けされた軍隊です。無理やりリングに上らされて叩き潰すことも
できるのです。今、そこにある危機に気づくべきです。

« 尖閣諸島問題は、ジョセフ・ナイの戦略に沿って進んでいるかも | トップページ | 日米安保は何ためにあるのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/55762796

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島問題は、国有化か棚上げか:

« 尖閣諸島問題は、ジョセフ・ナイの戦略に沿って進んでいるかも | トップページ | 日米安保は何ためにあるのか »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ