« 民主党の仕分けって何なの | トップページ | 平成25年度予算には、核開発の予算を盛り込むべき »

2012年10月10日 (水)

妄想 中国工作員が新興国で賃上デモの先導をするとどうなる

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 尖閣諸島問題以降、中国一辺倒になることの危機が共有され、チャイナ・プラス1が叫ばれてますが、中国は我が国の競争相手であることを忘れてはいけないと思います。

 共産主義の手法では、労働階級を資本家による搾取として賃上を要求し、先導することは常套手段です。むしろ、共産主義のお家芸といえるものです。この手法を我が国が投資してきた新興国各国に応用され、投下資本を中国に強奪されることは避けたいものです。

 タイトルとして妄想としてますが、尖閣で事を構えた以上、競争市場でも露骨に日本追い落としを図ると予想されます。いままでは、恩師でもある日本に対して露骨に事を構えることは、遠慮してましたが、もはや国家間対立状態にあり、遠慮する必要はありません。

 アジアの最も有望なインドネシアで、この時期に、ゼネストが行われたことは、中国工作員と無関係とは考えにくいものです。

 賃上げ闘争が各国で起っていることに対して、中国共産党の先導者(所謂破壊分子)がいるかもしれないことに注意を払うべきです。マスゴミも遠慮がちに先導者がいることを臭わしていますが、今後は 有望市場を巡っての中国との闘争は、激烈になると予想すべきです。

 米国などにおいても、優秀で資産価値のある会社は、セクハラ、パワハラ、賃上げスト、難癖訴訟など手を替え、品を替え、攻撃し、隙あらば乗っ取りという形で常に狙われてますが、中国においては、国家お墨付きの乗っ取りが行われると予想されます。その一環として賃上げ闘争があると見るべきです。熱心に技術教育をした結果、中国人だけで最新鋭工場を動かせる、日本人はいらないと考えても不思議ではありません。同じようなことが新興国でも、中国国家お墨付きで行われると予測すべきです。

 大国と紛争状態になるとは、大変な事です。民主党はどこまで認識していたのか。素人政治は本当に危うい。坊ちゃん育ちの民主党では、これも想定外というのでしょうか。もういい加減聞き飽きました。いいですか、想定外などと臆面もなく言ってますが、自分は思慮が足りません、馬鹿ですというのと変わらないことに気づきませんか。政治家が洞察力のないことは、間違いなく悪です。

« 民主党の仕分けって何なの | トップページ | 平成25年度予算には、核開発の予算を盛り込むべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/55859536

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想 中国工作員が新興国で賃上デモの先導をするとどうなる:

« 民主党の仕分けって何なの | トップページ | 平成25年度予算には、核開発の予算を盛り込むべき »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ