« 日本統治装置として憲法があることを知ってますか(再掲) | トップページ | 2012年発言小町大賞トビいいですよ »

2012年12月17日 (月)

衆議院選挙総評

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 大方出揃った衆議院選挙総評をまとめてみますと、得票率が若者を中心として極端に低かった、ために創価学会票などの組織力に勝る自公が伸びた。対する民主党は、労働組合の組織率の低下もあり、また浮動票頼みなのに過去の失政に対する批判が根強く、浮動票を得ることができなかった。しかし、民主党の比例区の分析からは、根強い民主党指示者がいる、あるいは根強い「小泉コリゴリ」勢力がいるということです。第3極は、自民対抗勢力になり得る勢いがあったものの、各種妨害、公約の齟齬、乱立の影響を受けて票が分散し、伸び悩んだということです。

 これで9割方の分析は、終了してます。

 さて、当ブログは、一刻も早い民主党の退陣をお願いしてましたので、誠に慶賀に絶えないということになります。

 よもや、第1期安倍内閣の強行採決を繰り返すことはないと思いますが、よく考えて行動して下さい。小選挙区では、いつでも少数野党に転落します。無知蒙昧の選挙民が何を言うかなどと思ってますと自民党も次は足をすくわれます。国民が主権者であることを片時も忘れないで下さい。念のため。

補足

 自民党野中さんが官房機密費について暴露し、政治評論家といわれる連中が世論形勢、誘導に寄与したということで一回500万程度当たり前のように受け取っていたというニュースを覚えてますか。これは、我々の税金です。早稲田の夜間部を出た何とかという政治評論家がまたぞろ復活しようとしてますが、忘れてはいけません。政治に巣食うダニの類です。あんたに教導されなくても十分です。いれば邪魔の類、菅総理と同じです。

補足2

 海江田さんからメールの配信がありました。それによりますと、民主党は本当に反転攻勢と考えていたが、選挙活動を始めてすぐに強烈な拒否にあったということです。

 民主党は、国民の怒りがどの程度のものか全く理解してなかった節があります。自分を正確に評価することは難しいことですが、ネットを見渡し、街頭に立てば強烈なアゲインストであることはすぐに分かる筈です。何に対して国民が怒っているかをまだ理解してないとすると病膏肓に入るといわざるを得ません

ご参考

民主党はガンになってしまった 

« 日本統治装置として憲法があることを知ってますか(再掲) | トップページ | 2012年発言小町大賞トビいいですよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/56339840

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙総評:

« 日本統治装置として憲法があることを知ってますか(再掲) | トップページ | 2012年発言小町大賞トビいいですよ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ