« 民間資金の活用(再掲) | トップページ | 日本財政復活の秘策 国債繰り上げ償還(再再掲) »

2013年1月 7日 (月)

いまから70年前のこと

 にほんブログ村 経済ブログへ

 戦後日本は、荒廃してました。いまでは千歳市と言われて北海道の玄関口になっている千歳市も、昔は千歳村でした。

 戦後カストリといわれるアルコールを飲んでウサ晴らしてしましたが、どこでも安いものを仕入れて高く売って儲けることが行われていました。今の中国そっくりです。即ち飲めば目が潰れるといわれてる工業用エチル・アルコールを安酒として販売していたのです。当時の新聞ではエチル・アルコールを飲んで入院したと言う話が溢れています。

 引き上げ軍人は、どうせ失った命という退廃的気分が蔓延してました。鬼畜米英といわれた米軍連中が街では天皇のにように振る舞ってます。博打も当たり前でした。清水次郎長の流れを組む藤原組の親分と引き揚げ者の元軍人が普通に博打を打っていたのです。

 街には操を忘れた派手なパンパンが米兵に媚びてました。子供はギブミー・チョコレートです。リンタクが走り回り、オンリーさんが乗ってました。死んだ日本帝国陸・海軍の意地はどこ吹く風、米兵は、拳銃で街中でその辺の野犬を射殺してました。アメリカさんに警察が物申すなど恐れ多いことでした。ニッポン、ハメリカ、ニギリス、トレン・トレンなのです。

 映画館に行けば米兵が先頭に陣取って、長い足を舞台にあげて、背中には鷲の刺繍のあるスタジアムジャンパー、酒をあおって、傍若無人で笑って、日本人は、後ろでひっそりゲーリー・クーパーの西部劇を見ていたのです。日本は無条件降伏した国なのです。

  皆さんは、忘れやすい。日本は無条件降伏した敗戦国なのです。米国、英国、オランダ、中国、韓国は戦勝国なのです。枢軸国は、独逸、イタリアです。要するに負けたのです。再度言いますが無条件で負けたのです。なかったことには出来ない過去です。

 

 

 
 

« 民間資金の活用(再掲) | トップページ | 日本財政復活の秘策 国債繰り上げ償還(再再掲) »

随筆」カテゴリの記事

コメント

国民学校5年生の8月に日本は連合軍に負けました。神風は吹きませんでした。
初めて見る米国兵、ジープを駆って我が物顔に走り回りました。
米兵の腕にぶら下がる、ネッカチーフの女性は、先日まで学校にも行かない隣のお姉さんでした。
ジープが彼女の家に入りました。米兵は靴のまま畳の部屋に入り「オトサン、オカサン、ヨロシクウ」って。
おろおろする年老いた親を尻目に納戸に消え、しばらくするとズボンを引き上げながら、お姉さんと出て来ます。
「コレ、オミヤゲ」チョコレートを集まった子どもに撒いて立ち去りました。
お姉さんがもらった土産は、ハーフの子ども。子どもに罪はないが、その米兵は勤務を終え帰国。
お姉さんは、別の米兵を探しているとの噂が立ち、白い目で見られた。
パンパンガールと米兵が、通学路の脇の駐車場に止めた車でコトを始めた。
めざとい友人が「面白いから見に行こう」と誘われたが、なぜか見に行く気にならなかった。
中学生、多感な年代だった。見たい衝動ははあった。友人の状況説明に聞き耳を立っていた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/56491104

この記事へのトラックバック一覧です: いまから70年前のこと:

« 民間資金の活用(再掲) | トップページ | 日本財政復活の秘策 国債繰り上げ償還(再再掲) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ