« たさかとみよです。売名行為はなしにしてください。 | トップページ | トリプルA政権って知ってましたか »

2013年1月13日 (日)

ダメなものはダメ

 にほんブログ村 経済ブログへ

 体罰について様々言われてますが、基本は「ダメなものはダメ」です。長い人生を歩むに当たって社会生活の基本は、いかなることをしても叩き込む必要があるのです。悪い目は、体罰をしても摘む必要があるのです。

 この基本は、憲法においても子供への懲戒権として親に認めているものです。親が「ダメなものはダメ」を体を張っても教える責任があるのです。

 しかるに、親が子供への教育を放棄しているにもかかわらず、他人である教師は、体罰などと言って教える機会を奪われてます。懲戒を受けてまで人様の子供を指導、教導することは、間尺に合いません。するのは奇特な方のみとなります。

 まず、親の教育が必要な所以です。結婚する方は「ダメなものはダメ」即ち刑法犯になる恐れのある行為は体罰をしても子供の悪い目を摘む責務があることを教育されるべきなのです。他人に自分の子供のケツを拭かしてはいけません。道理です。

 大阪の体育教師の体罰は、少し異なります。これは、アマチュアとプロが入り混じっていることによる混乱です。先生は、篭球の指導で飯を食っているプロです。ただし、篭球のプレーで飯を食ったことのない指導者という限界を抱えています。しかるに生徒は将来も篭球で飯を食うつもりのないアマチュアです。プロとアマチュアが入り混じると当然ながら誤解、齟齬がでます。生徒の本分は、学業にあります。人格形成において体育は効果があります。この辺の誤解が悲劇の始まりになってます。強豪校の野球などはプロを目指すという暗黙の約束があります。一生の飯の種にしようというのですから相当の覚悟がいます。他人が兎や角言えません。

 しかし、篭球ではプロの世界は極めてマイナーで篭球を飯の種にするかどうかは、定かでありません。一方、指導者は、篭球が飯の種です。そこには、篭球は体育の一環であり長い人生の人格形成の一つの手段であることが忘れ去られてます。この場合、教師は、自己の目的を生徒に押し付けて、剰え命を奪ったということで、当然ながら暴行傷害罪で起訴される必要があります。角を矯めて牛を殺しては親御さんも黙ってません。当然です。責任を取らされます。教師という職業の因果でもありやり甲斐でもあります。以上。

補足
 朝日系列のテレビで戸塚ヨットスクールの校長が大体同じようなことを言いたかったのでしょうが、言語能力が極めて限られており、記憶に残ったのは、「黙れ」だけです。教育者としては、相当に劣る方のようです。気持ちだけでやっているのでしょう。

 それにしてもテレビのキャスターといわれる方も劣る。よくテレビでああだこうだ言ってると思った次第。双方とも気持ちだけで題材を整理できないまま議論するから視聴者に何を伝えたいのか、論点は何かぼやけたまま。マスゴミの所以なのです。この程度のことは、多くの見ている方は感じてます。これで世論をリードしていると勘違いしていから性が悪い。 

« たさかとみよです。売名行為はなしにしてください。 | トップページ | トリプルA政権って知ってましたか »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/56533433

この記事へのトラックバック一覧です: ダメなものはダメ:

« たさかとみよです。売名行為はなしにしてください。 | トップページ | トリプルA政権って知ってましたか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ