« 日銀総裁は、私の嫌いな竹中平蔵さんが良い  | トップページ | 民主党の先生方へ 泥舟から逃げるには早い方がよい »

2013年2月12日 (火)

お薦めの為替相場分析、納得

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 現状の為替相場を適確に分析したコラムがあったので、紹介します。秀逸です。

 ロイター・コラム「円安を容認する米国の地政学的事情」武者陵司さん

補足

 武者さんは、通貨膨張政策が偶々米国の国策と合致して現状があると分析します。しかし、衝撃的な貿易赤字が為替相場変動の要因と分析する人もいます。アベノミクスの効果と分析する人もいます。要するに、歴史が確定するまではよく分からないということです。

 現状のデフレを日銀総裁のように、労働生産性の頭打ちと人口減少が根本の原因であり、これを打破しなければデフレ解消は無理と考える人もいます。このような状況で従来どおりの財政出動では国債残高が増えるだけという方もいます。

 過剰生産設備が問題という人もいます。IT革命により中抜け構造が可能になったことが問題という人もいます。ハゲタカ、出来レースを手段として資本回収の迅速化、最大化を目的とする新自由主義が問題という人もいます。成熟社会が問題という人もいます。土地本位制の崩壊が問題という人もいます。将来社会に不安があるので財布の紐は緩むことはないという方もいます。よくわからないので構造的要因などと言って理解したつもりですが、何をすれば良いのかよくわからない。評論家、学者は、マスゴミを使って論理矛盾のない納得感のある説明ができれば終わり。気楽なものです。政治家はそうはいきません。日銀総裁さえも自民党大立者のいる予算委員会では小さく見えます。評論家、学者オヤです。ついでにいうと東電の社長さんも予算委員会では、小さく見えます。予算委員会は、大変なところのようです。

 安倍総理のようにデフレは通貨現象であり、通貨膨張で克服できると考える人もいます。効果を見極めるにはある程度の規模で実施する必要がりますが、やり過ぎると制御が難しくなる。2%と制約する所以です。ようするに、やってみなければわからないということです。

 予算委員会でマクロ経済にわか勉強で自分が何を言っているのかもよくわからないで総理の論理矛盾を引き出そうと質問していた方もいます。多くの国民の方は、この方はよくわからないとスグにバレます。どのような経済学者をもってきても現状打破の途は賭けということが理解できない方のようです。民主党には本当に人材がいないということがよくわかります。三年半の時間を返してもらいたい気分です。

« 日銀総裁は、私の嫌いな竹中平蔵さんが良い  | トップページ | 民主党の先生方へ 泥舟から逃げるには早い方がよい »

為替介入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/56751521

この記事へのトラックバック一覧です: お薦めの為替相場分析、納得:

« 日銀総裁は、私の嫌いな竹中平蔵さんが良い  | トップページ | 民主党の先生方へ 泥舟から逃げるには早い方がよい »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ