« どんなに違憲判決が出ようが知らぬ顔の半兵衛とは | トップページ | 北朝鮮が特別声明「戦時状態突入とのこと」 »

2013年3月27日 (水)

護衛艦修理契約の発注で検査院に負けたことがあります

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 その昔、海上自衛隊における護衛艦修理契約で、海上自衛隊が発注しているヤリ方が「おかしい」と検査院に指摘され、負けたことがあります。

 大湊警備区の艦艇は、函館、東京、横須賀警備区の艦艇は、関東地区、呉警備区の艦艇は、呉、佐世保、佐世保警備の艦艇は、長崎、呉、舞鶴警備区の艦艇は、舞鶴、佐世保と分担して、年次修理(一隻5億円程度)、特定修理(一隻30億程度)を発注していたところ、警備に関係なく全国一律で発注した方が安価にできるというだけで発注方法を変更させられました。

 艦隊の護衛艦は、母港を年間250日離れます。残り100日も当直があり、最大でも80日しか家に帰れません。それを単に安価というだけで大湊の艦艇が函館の修理でなく、長崎まで修理に出される理不尽が堂々とまかり通ります。

 護衛艦の修理は、誰でもができるものではありません。日本国を防衛するために各警備区には、造船所が必要なのです。造船所を維持する必要があるのです。

 各造船所に均等に修理契約を割り振ってました。形は、現行会計法令に合うように各社が入札に参加して辞退という形にしたものです。これが姑息と検査院はみなしたようです。

 しかし、検査院の指摘に従えば、安価にできるかもしれませんが、三菱など力のある造船所が生き残り、函館などの造船所は消えてなくなります。単純に安価を選択して、各造船所の艦艇修理能力を維持するという目的は損なわれ、警備区によっては造船所がなくなるという防衛上欠損が生ずる不具合は検討もされませんでした。議員先生をもってしても救援は不可能でした。

 検査院の安価にできる理論に従えば、敵対国である「中国、韓国にも秘密保全に万全を期して修理契約発注したら」ということになります。おかしいでしょう。

 これは、検査院が悪いのではありません。防衛という視点を欠いた会計法、契約関係法令に従って、粛々と指摘しただけです。

 それでは、国民は困るのです。安価、経費節減だけを目安ににして防衛上、不具合が生じては、元も子も失うことになります。現行会計法令は、安価を鍵にしてますが、目的を達成できない安価とは何のかよく考える必要があります。昔から言います。「安物買いの銭失い」

 これは、法律の不備です。法律で「各警備区所属の艦船は、所属警備区で原則修理を行うものとする。」と規程すると、検査院も指摘しなくて済むものです。このような法律を制定しなくては、検査院も会計法に基づいて指摘せざるを得ないのです。要点が分かる検査員がいたとしても指摘の回避を各検査員のハラに任せて首を賭けれというのは無理なのです。政治家が日本を守ることについて、真摯に考えていないということです。

 建設業界が「官庁契約の不具合」に触発されたのか、建設業界の維持という視点を加味した法律を考えているそうですが、防衛産業においても、契約関係法令に国防の視点を加味した法律を考えるべきです。

補足

 1年1回の年次修理5億、4年に1回の特定修理30億が高いと感じる方もいるかもしれませんが、護衛艦は、イージス艦で1500億します。普通の護衛艦で500億します。

 200万円の自家用車の2年毎の車検の費用が普通は、10万円します。500億の20分の1は25億ですので、そうは高くないのです。

 勿論、オンコンで壊れるまで使い、壊れたら修理交換すれば良いという考えもあります。すると今度は肝心の時に武器が故障して単にハリボテの艦船を保有しているだけになります。しかも、船底の貝殻付着で速度は遅くなり、塗装は剥げて潮風で錆放題、艦船寿命が極端に短くなる筈です。



 

« どんなに違憲判決が出ようが知らぬ顔の半兵衛とは | トップページ | 北朝鮮が特別声明「戦時状態突入とのこと」 »

政策提言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/57045334

この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦修理契約の発注で検査院に負けたことがあります:

« どんなに違憲判決が出ようが知らぬ顔の半兵衛とは | トップページ | 北朝鮮が特別声明「戦時状態突入とのこと」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ