« 労働時間及び休日について | トップページ | 福島県の汚染瓦礫の処理について(再掲) »

2013年3月 9日 (土)

ふと考えたこと

 にほんブログ村 経済ブログへ

 マスゴミなどと投稿してますが、マスゴミの作為性は、出世競争の結果でないかと考えました。

 だれでも青雲の志に燃えて入社しますが、いつの間にか、社長、上司の意向に沿う記事を書くようになり、結果としてマスゴミ作為性がでるのではないか。

 よく耳にするところでは、官僚の国益より省益で出世競争に勝つというものがあります。同様のことがマスゴミでも行われているのではないかということです。

 大体大規模組織になると個々の人間では如何ともしがたい雰囲気が醸成されます。その雰囲気に馴染む方が出世してゆきます。ときどき一匹狼がでますが、傍系です。いずれ時期を見て淘汰されます。

 民間会社は、その雰囲気、社風、そこから生み出される製品が、世の中に合わないと淘汰されますのである程度のブレーキが働きますが、親方日の丸の官僚組織、独占企業のマスゴミは、世の中に合おうが合うまいが、そのブレーキが働きにくい。しかもエリートときてますから、任せとけとなり、世の中の教導に努める訳です。よって、上司の意向に沿う、政策、記事が垂れ流しとなる訳です。まったく自己矛盾はありません。どう思いますか。

 自己矛盾のない出世、エリート、教導独りよがりは、変化の激しい世の中では恐竜になりかねません。お開き。

補足

 自己矛盾のないとは、我が道こそ王道と心底信じきっているということです。官僚組織の無謬性について聞いたことがあると思います。マスゴミも無謬性を信奉してます。両者に共通するのは決して責任をとらないことです。100%の確率で腐敗します。

 したがって王道をいくためにはささやかな作為性は当然許容されることとなります。これも社会主義、共産主義と同様目的のためには手段を選ばないというものです。なんだかナア。

関連記事

絶対的権力は絶対的に腐敗する

« 労働時間及び休日について | トップページ | 福島県の汚染瓦礫の処理について(再掲) »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/56920540

この記事へのトラックバック一覧です: ふと考えたこと:

« 労働時間及び休日について | トップページ | 福島県の汚染瓦礫の処理について(再掲) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ