« 国民のワガママにいつまでも付き合えない | トップページ | 帝国陸軍軍人が中国で何をしたのかを報道することは報道の責務 »

2013年8月12日 (月)

そもそも日本民族とは何ナノか

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 芸能人の4割は、在日といい、日本国籍を取得した朝鮮半島に起源を持つ方が占めてます。猪木議員も、朝鮮半島に起源を持つ方です。福山なんとかという方も同じです。アッコとかいう方も同じです。普段テレビで見る方の大部分は、日本の風習とは無縁の方です。

  猪木なんとかいう議員の方も、闘魂注入でビンタをしてますが、いつか報いがくる日をることを首を長くしてまっているファンの方もいることを忘れないことです。鉄の棒で打ち据えたいファンがいる事を忘れないことです。

 プロ野球も、偉大な選手は大抵在日の方です。例外で長島のような人もいますが、プロスポーツでは在日も方の力はすごいのです。

 テレビ業界も在日の方の力はすごいのです。政治の世界でも在日の方の力はすごいのです。パチンコ30兆円業界は、在日の方の独壇場です。宗教界も在日の方が仕切ってます。創価学会など池田大作さんが在日ですから、学会そのものを在日の方が仕切ってます。

 そもそも純粋の日本人などないことは、承知してますが、あまりに影響力のあるテレビに出る方の大部分が、日本の風習とは、無縁の在日といわれる朝鮮半島出身者で占められています。民主党の方も在日の勢力の後押しで伸びたのですと聞かされると、まって下さい、となる筈です。民主党は在日の勢力拡大のために利用されてます。

 三国人、チョンなどと差別された方々の静かな逆襲が始まってます。日本人はクソ勉強など死語ですが、在日の方は、勉強すればいいんでしょう、稼げばいいんでしょ、強ければいいんでしょうと言うことで死ぬ気で勉強、努力してます。ハンディキャップを背負い、それをバネとして超人的な努力で日本人を凌駕していきます。日本民族の負ける所以です。しかも、異国の地ですので排斥されないように在日の方の結束力は極めて強いのです。「在日にあらずば、人にあらず」とならないように願うだけです。どこかの民族とまったく同じ構図です。

 このままでは、テレビ業界も、音楽業界も、大学業界も、上場企業も在日だらけになるような予感がします。テレビで見る美しい女性の大部分は朝鮮人なのです。分かりますか。

 ここらで、在日と日本人の戦いがより先鋭化する前に、世界中から千万人単位の移民受け入れもいいのかも。こうなると在日などと言ってられません。世界中から移民した方が競争相手になるのです。

 おおきな在日というハンディキャップを背負って、ただひたすら努力すれば、もともといた凡凡とした日本民族など駆逐されことは必定です。朝鮮半島に起源を持つ方は顔つきをみればすぐに分かります。ヤクザの大部分は朝鮮半島に起源を持つ方です。

 これは、昔からあるユダヤ民族の問題と同根です。努力しない方が悪い、負けるのが悪いと済ましますか。個人情報保護法で武装して誰が在日かなどもはやわかりません。

 日本中すべて、在日が上流、もともといた日本民族が下流で我慢できますか。良いか悪いかという問題ではありません。マレー人と華僑も同じ問題です。在日と日本人も同じ問題なのです。在日勢力が手を替え品を替え、人権問題として勢力を拡大してきましたが、その行き着く先には、日本人が駆逐されるという話がまってます。芸能界を見てご覧なさい。百万人の在日に対して、芸能界の四割程度が在日で占められていることを疑問に思わないですか。

  なんとかしなければ、もともといた日本人が駆逐されるだけです。しかし、世界はグローバル化しており、争っている暇はありません。

    日本人の差別意識は、すごいものがあります。あいの子は、つい最近までバケモノのように見られていたのです。アジア人、朝鮮人、中国人に対する差別もすごいものです。そのくせ欧米人に対しては卑屈になります。穢多に対する差別もひどいです。アイヌ人に対する差別もすごいです。民族としてどこか欠陥でもあるのではないかと思うほどです。気が狂ったように同質を求める民族は、どこか変です。

 縄文人が弥生人に駆逐され、朝鮮半島から文明を仕入れ、技術者、宗教人を渡来させて、同化して日本人としてやってきましたが、在日が勢力を拡大することは、日本の長い歴史から見れば、いままでの流れにそっているような気もする。百年前の明治以降に作られた日本人像が刷り込まれているが、これはウソです。そもそも百年遡ると大部分の方は、姓がないのです。

 そもそも日本人とは、何なのか。ごった煮の民族が常に自分と異質の存在を見つけて踏み台にする民族が妥当な線か。四方を海に囲まれる日本でやってきましたが、グローバル化の時代には、もはや民族鎖国ではやっていけない。

 流れと反対のことを言っているようですが、在日排斥はナチスのようなことになり、好ましい結果を産むとは到底思えません。

 日本が生き残るには、相撲同様、より優秀な方をドンドン登用するしか道はないのかもしれません。どんな方も日本国籍を取得し、会費を払いさえすれば、日本人としてやってもらうと決心することが大事かもしれません。

 縄文人から弥生人となり、混血日本人となってます。更に千年、万年の単位で降れば、朝鮮系統の方が主流になるのかもしれません。人類の歴史は、旧人が新人に駆逐されたように適者が生存することを示しています。保護しても負けるものは負けるのです。皆んで仲良く暮らす古き良き時代はもう戻らないのかもしれません。

関連記事

島国根性について

世界陸上を見て考えたこと

 

 

« 国民のワガママにいつまでも付き合えない | トップページ | 帝国陸軍軍人が中国で何をしたのかを報道することは報道の責務 »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/57977903

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも日本民族とは何ナノか:

« 国民のワガママにいつまでも付き合えない | トップページ | 帝国陸軍軍人が中国で何をしたのかを報道することは報道の責務 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ