« 半沢直樹とドクターXは、この秋雌雄を決する(再掲) | トップページ | パソコンでセガサターンをする »

2014年11月 8日 (土)

マイクロソフト、スマートフォン、パッド向けにオフイス無料配布とのこと

 にほんブログ村 経済ブログへ

 昔は、パソコンの表計算ソフトは、ロータスの123が当たり前でした。それがマルチプランをパワーアップしたエクセルが出て市場は一変しました。マイクロソフトは、それを更に発展させて、オフイスとしています。

 マイクロソフトの牙城は、鉄壁で、完全独占市場を良いことに高額な売りつけ、使用者無視の改訂を行ってきました。その牙城に挑戦したものは、悉く退けてきました。

 それがスマートフォン、パッド市場では、苦戦しているのです。O/Sがウィンドウズではありません。パソコン用OSを改造したwindowsで普及を図りましたが重く、マウスがなければ使用できない宿命があり、利用者にソッポを向かれたままです。

 主戦場では、Linuxベースのios、ubuntu9.04ベースのアンドロイドが主役です。この市場では、マイクロソフトは弱小集団です。しかも、LibreOfficeという強力なオフイス用スーツが無料で配布されてます。

 将来を見越した時に、LibreOfficeに慣れ親しんだ者は、マイクロソフトのオフイスを見捨てるという危機感から、この度スマートフォン、パッド用にオフイス無料配布するとの報道です。朝日報道

 マイクロソフトにお世話にならずにパソコンをすると公言している当方としては、ザマア見ろです。

 腹黒いマイクロソフトは、スマートフォン、パッド市場を完全独占し、ひれ伏す日を夢見ていることでしょうが、策略に乗ってはいけません。どうせ後々高い金を支払わされることは目に見えてます。

 マイクロソフトの振る舞いは、言ってみれば全世界の全ての道路の乗り物を有料にして、バカ高い料金を徴収しているようなものです。しかもマイクロソフト社以外の乗り物は許さないと公言してます。このような全世界的税金システムは、とても許せるものではありません。

 十分な機能を有するLibreOfficeから乗り換えてはいけません。

関連記事

ウィンドウズがアンドロイドに駆逐される日

マイクロソフトにお世話にならずにパソコンをする。

< /p>

« 半沢直樹とドクターXは、この秋雌雄を決する(再掲) | トップページ | パソコンでセガサターンをする »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/60616427

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、スマートフォン、パッド向けにオフイス無料配布とのこと:

« 半沢直樹とドクターXは、この秋雌雄を決する(再掲) | トップページ | パソコンでセガサターンをする »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ