« 東大が3勝目とのこと(感想) | トップページ | アイドル商法の危うさ »

2016年5月23日 (月)

グーグル・アースを見て考える

 にほんブログ村 経済ブログへ

 グーグール・アースを見ていると、世界中のストリートを静止画に収めるという途方もないアイデアです。

 日本人であれば、そのようなアイデアは、たちどころに一笑に付されてボツになります。

 しかし、現実にそのアイデアは、実現されています。更新間隔も一年程度で日々更新されてます。

 新しいアイデアを実現するには、膨大な努力が必要ですが、理論上できるものは、必ずできるものです。AIロボットも理論上できるものですので必ずできます。できないのは、理屈をつけてやらないだけです。

 当ブログもスマートテレビは、固定ロボットであると5年前にアイデアを出してきましたが、中々実現できないものでしたが、徐々に輪郭を現してきています。 

スマートテレビは、執事機能を持った固定ロボット(2012.26)

日本電気、富士通、東芝、ソニー様へ スマートテレビ(2011.12.5)

 社会が激変する中で、アイデアは、貴重です。老人の固定観念でできないと否定することは脱落への近道です。

« 東大が3勝目とのこと(感想) | トップページ | アイドル商法の危うさ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/63671839

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル・アースを見て考える:

« 東大が3勝目とのこと(感想) | トップページ | アイドル商法の危うさ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ