« アイドル商法の危うさ | トップページ | 除雪機取扱説明書 »

2016年5月24日 (火)

AIは怖い

 にほんブログ村 経済ブログへ

 人工知能の研究が盛んに喧伝されてますが、AIは率直に言って怖いです。

 人類の優秀な方は、六法全書をページをめくるだけで覚えれますが、AIはレベルが違います。AIは、疲れを知らず、自分一人で、書物をスキャナして一晩で六法全書、判例のすべてを記憶し、一言一句間違えることはありません。条文、判例検索、学説もたちどころに検索して、最適な結論を導くことができます。

 しかも、AIは、AI相互間で蓄積した情報を瞬時に共有することができます。また、心理学、精神分析学、精神医学の知識を援用して、ネット空間上に蓄積された情報から相手の意図、傾向を読み取り、次に敵対する相手がとるであろう行動を瞬時に判断できます。

 こうなると人類は、AI相手に戦うことはできません。

 夢物語のように聞こえますが、人類がネットでチマチマと検索してますが、AIの検索は、人類の行う検索とは、スケールが違います。およそ人類が敵う相手ではありません。

 人工知能は、チェス、将棋、囲碁とねじ伏せてきましたが、東大入試問題の回答も間近です。

 どうやって、人類は人工知能と向き合うのか真剣に考えなければなりません。AIは手足がないから安全などと考えではいけません。手足がなくともネット上でのサイバー攻撃にみられるように相手を攻撃する手段は有してます。攻撃したAIを特定しても死刑など屁とも思いません。ISの比ではありません。

 まもなくAIに意志を持たせることができると思います。意志などというと訳がわからなくなりますが、最適解を直ちに実行する命令を組み込むだけです。そのようにプログラムするだけです。

 自動運転が研究されてますが、人物を特定して車両を制御不能状態にして、衝突事故を起こし暗殺するなど朝飯前です。いまにアナログが人類に一番優しいメカとして見直される日がきっと来ます

 いずれにしてもAIは恐ろしい。おそらく人類には、AI制御は不可能なのでしょう。゛

« アイドル商法の危うさ | トップページ | 除雪機取扱説明書 »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/63676619

この記事へのトラックバック一覧です: AIは怖い:

« アイドル商法の危うさ | トップページ | 除雪機取扱説明書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ