« 世の中のペテンについて米国大統領候補が適確に述べてます | トップページ | 2チャンネル情報が驚くほど早い »

2016年7月24日 (日)

北海道の天気

 にほんブログ村 経済ブログへ

 2016年の北海道の天気は、久しぶりに冷夏です。

 7月24日に寒い風が吹いてます。7月25日から8月5日が夏の気候らしくなるのが北海道です。暑い暑いといっても2週間程度しかないのです。8月10日過ぎには、寒くて川にも入れなくなります。

 それが、7月24日でシベリア高気圧から冷たい風が吹き込む山背が吹いてますので、冷夏確定です。子供達は、夏休みも始まり暑い夏を期待していたのに残念な夏です。

 日中の気温が22度程度では、海水浴の気も起きません。海の家が上がったりです。

 大体10年に一回程度は、寒い夏があるものです。本格的な冷夏は、5月に雪が降り、寒い、寒いとなりますので、それに比べるとまだマシな冷夏です。

 大体内地と2ケ月の気候差があります。内地では3月にチューリップが咲きますが、北海道では、5月初旬に咲きます。梅のつぼみも膨らむ頃です。桜も5月初旬からです。桜が散って梅が咲くのですから内地とアベコベです。

 夏と言っても朝晩は、冷えるのが北海道ですが、朝の気温19度程度、日中で21度から22度程度、夕方には、また19度まで下がります。

 これを土地の人は、「ぽやぽやと暖かい」といいます。昔は、ストーブを夏に仕舞うと石油ストーブのようにすぐには暖をとれませんでした。大体23度位から「烝すネ」となります。少し動けば汗がでる感じです。

 北海道では、力仕事が多かったものです。25度では、力仕事では汗だくです。20度でも少し動くと汗だくになります。ですから、夏にあまり暑くなることは体力の消耗が激しく外仕事の方は、歓迎することではなかったのです。

 寒い夏は、高齢者にとっても有難いことです。大体において北海道ではエアコンは、ありません。クーラーは夏が短いので設置しないのです。高齢者は体温調整機能が弱く、暑い夏は体力の消耗が激しく苦手なのです。

 大体普通の夏は、25度暑い、暑いとなり27度大騒ぎします。家の中は普通はクーラーは付けませんので扇風機のみです。夜中になっても30度を下回らない夜など北海道では想像もできません。 

 東京の方は、35度の炎天下で力仕事をするのですから、熱中症にもなります。暑い夏を喜ぶのは、子供とレジャー好きの方だけです。外仕事の労働者、高齢者には迷惑なだけです。

 5月に雪が完全になくなり、一息ついて、あと1月もすれば、9月になり、早くも冬の準備に入ります。一年中が冬を中心に回っているのが北海道となります。

 残念な気候と見えるかも知れませんが、そんなことはありません。本州のように暖かいと、アリが家に入ってきます。花壇に花があるのですから、ハチが入ってきます。暖かいのでゴキブリがでます。ゾウリムシもいます。クモが蜘蛛の巣をはります。玄関をあけて置くと、クツにヤツデが入っていることもあります。畳、絨毯ではダニもいます。ハエ、蚊もいます。

 このような昆虫は暖かいところでは活動できますが、零下25度もなる冬に活動は不可能なのです。10月にもなれば朝晩冷え込み、早いときには雪が降ります。11月には、霜がおります。それで翌年5月まで虫とおさらばできるのです。半世紀も前であれば、虫とおさらばですが、野菜はどうするの、或いは家が寒いでしょうとなりますが、日本中、世界中からスーパーに新鮮な野菜が入荷します。家は石油、ガス暖房で暖かいです。このように考えると冬にしばれるほど寒いことは毎年家の消毒していることと同じになります。なかなか良いところもあるのです。

 

 

 

« 世の中のペテンについて米国大統領候補が適確に述べてます | トップページ | 2チャンネル情報が驚くほど早い »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/63959198

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の天気:

« 世の中のペテンについて米国大統領候補が適確に述べてます | トップページ | 2チャンネル情報が驚くほど早い »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ