« ノーベル賞経済学者の変節 | トップページ | 修学旅行は不要 »

2016年11月 7日 (月)

頭の中身がバレる発言、書き込み

 にほんブログ村 経済ブログへ

 人の発言、書き込みは頭の中身がバレます。

 しかし、近頃は指摘しても、発言、書き込みが何故アウトなのか、理解できない方が多い。

 植松聖も何故自分の行動、発言がアウトなのか理解できない。IS戦士をいくら説得しても理解は得れません。

 人間案外理解しているようで、理解できてないものです。同じような顔をしているので、ツイ人も同じように考えていると思うと大間違いです。

 徹底的に議論すると理解を得れるのかというと無理のような気もします。それは、人の持つ理解度も違う、知識の総量も違う、体験も違う、感情・性格も違うなかで相互に理解し合うことは至難の技です。どこで折り合いをつけるか。

 多くの方にとって本意ではないのは、酩酊して書き込み、ツイ言わなくても良いことまで書いてしまうことです。ブログでも、SNSでも一度発信した内容は、残ってしまい取り消すことができないことです。これを日本語で「覆水盆に帰らず」と言います。

 良く良く考えてみると発信した内容は、心のどこかに潜んでいたものです。酩酊して大脳皮質の抑制が解けて開放された結果、心の奥底の声が表出したということです。ですから、全く思い当たらないという内容ではありません。

 それが、困るのです。表題の頭の内容が見えてしまうということです。ですから、酔って運転をしないのと同様に、酩酊して書き込むことは取捨選択なしに発信することですから、社会から排斥される危険と常に隣り合わせということです。

 審議官であろうが、誰であろうが、酔えばタダのオヤジにならざるを得ないのは、人の悲しいところです。それだけに本性・本音が出て罪が深いのです。昔から嫁に出すには、婿候補をしこたま飲ませて酔わせて本性を出させてテストするという方法は一定の妥当性を有するのです。

« ノーベル賞経済学者の変節 | トップページ | 修学旅行は不要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/64047283

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中身がバレる発言、書き込み:

« ノーベル賞経済学者の変節 | トップページ | 修学旅行は不要 »

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

ウェブページ