« 国会における議論の虚しさ | トップページ

2017年7月13日 (木)

気違いのような世の中で

 気違いのような世の中と言って同意する方は極めて少ない筈です。

 しかし、それは世の中の経験が少ないので回りが綺麗に見えるだけです。

 ここで、気違いとは、道理が通じず、屁理屈をコネまわす人をいいます。気違い丸出しとは、ああ言えば、こう言うで気違いジョウユウです。屁理屈に異常にこだわるヤクザ紛いです。

 普通に挨拶する分には、問題ないのですが、一度利害関係が絡むと気違いが現れます。

 至近な所では、兄弟の遺産相続です。気違い丸出しです。

 テレビをつければ、気違い丸出しで離婚だ、不倫だと動画がアップされてます。

 交通事故賠償の業務経験から言えば、世の中の3割程度の方が気違い丸出しに該当します。

 普通に勤務する分には、問題ないのですが、有休休暇を取ると申しでると気違い丸出しです。

 自分のご子息を愛するのは構わないのですが、一度学校に不信感を抱くと気違い丸出しです。モンペです。

 会社でも、学校でも駅構内でも地域社会でも、およそ3割ですから気違いだらけです。

 気候もまるで気違いです。暑さも異常です。降れば山津波です。

 外に目を向ければ、主義主張でトラックで無辜の群集を轢き殺しにかかります。

 政権を批判するマスゴミには、不倫をバラすと脅迫です。これを米国大統領がします。

 朝鮮半島では、新聞紙で靴を包んだら金正恩の写真が掲載されており、不敬罪で逮捕拘禁し、釈放後死亡です。まさに気違いです。他国の人間にまで気違い主張を押し付け、全く恥じるところはない。気違いそのものです。相手は気違い、次の行動は予測できません。

 因みに戦前の日本も気違い国家です。学校に安置している天皇のご写真に最敬礼を怠ると薪で頭を殴られたのです。非国民として特高が家族をしょっ引いて拷問です。気違いの所以です。北朝鮮は大日本帝国のマネをしているだけです。

 総理の友達ということで、強姦男が無罪放免で、担当した警視庁捜査1課長はよく隠し通したということで栄転です。重罪の強姦罪をもみ消すなど総理官邸周辺はいかがわしい。

 安倍総理の回りには、お友達か、主義主張が同じか、イエスマンしかいない。強引に強硬採決で自滅した第一次安倍内閣で学んだ筈なのに、同じ轍を踏んでいます。

 政治の世界も気違い丸出しです。証拠を突きつけても怪文書です。いかがわしい場所に元事務次官が通っていると読売新聞で大々的に報道します。

 自分の主張は読売新聞に載せたので、それを読めば分かると国会で答弁するバカさ加減です。

 マスゴミ、芸能界など気違い丸出しですから、生き残るのは、やくざマガイだけです。

 このような説明をしても同意する方は、少ないでしょうが、道理が全く通じない、昔の日本と丸で違う社会が出現しました。どうします。餓鬼畜生が蔓延る、阿修羅のような世界です。

 小泉総理が精神病患者の入院費が年間1500億かかるというので、精神病棟開放に舵を切りました。これを厚労省が進めるノーマライゼーションといいます。多少の殺傷事件などの不具合は社会全体で受忍しましょうという思想です。患者は開放される。健康保険支給額は、減額でき、あとは社会が多少の殺傷事件を受忍すればよいだけです。

 よって、社会生活はかなり難しい精神病患者が世の中には溢れています。孫が祖母を殺すなど、多少の不具合は受忍しましょうということです。あるいは障害者を大量殺人も受忍することが政府の予定方針なのです。

 因みに、この大局にある考え方が、ナチスドイツの精神病患者は断種、抹殺です。わが国は中間に位置してましたが、ナチスの考え方の大局に舵を切った訳です。

 現在精神病は薬で異常行動の抑制が可能なだけで、脳機能の障害を外科的に手術することは不可能です。ですから根治はできません。

 これは、小泉総理大臣が望み、安倍総理が実現した社会ですので、目論見どおりですが、楽しい社会ですか。道徳だ、教育勅語などとほざいてますが、フザケるなと言うのが、正しい日本語の表現です。

 国民の代表が白紙領収書で開き直りで、道徳もないものだ。白紙領収書が通じる世界は日本にも世界にもない。イチャモンつけたら共謀罪。当選すると思う方が、バカ。

 自民党に変わる穏健な受け皿があれば、自民党は壊滅的な打撃を確実に受けます。最優秀事務次官に対して「怪文書」で勝てると思う方がバカ。

 テレビの茶番は飽き飽きです。

 「どけろアマ」、「一回戦で負けてしまえ」、「自衛隊としてお願いします。」、「ハゲー」、「違うだろ、これは裏口なんだよ、豊田真由子さまの言うこと聞けないか。」、パーティ券200万円ほどもらってますが、小口のまとめですので問題ありませんと説明されて国民のご理解を頂いたと考えるようでは思慮不足です。こんな気違いに一期5億も使われては国民は堪りません。これは、氷山の一角で代議士としての2世議院の多い自民党には、1割、2割気違いがいるのではないか。小渕総理大臣の姫がそうです。国民の選良ですから気違いでは国民は困る。

 高橋まつりさんが自殺して軽微事案につき略式起訴で、まったく問題ありません。親御さんが納得できると思いますか。覚悟して首を洗って待ってて下さい。

 

 

 

« 国会における議論の虚しさ | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/65529176

この記事へのトラックバック一覧です: 気違いのような世の中で:

« 国会における議論の虚しさ | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ