« トランプ大統領 対日貿易赤字すべて解消するとのこと | トップページ | 厚生労働省東京労働局長が恫喝 »

2018年3月14日 (水)

米朝会談決裂は、戦いの合図

 米朝会談は、融和の始まりのようなことを言ってますが、会談決裂は、休戦終了、戦争再開のような気がします。

 対話優先派は、ことごとく解任されています。対話優先派の元軍人のケリー主席補佐官、さえも解任の噂が流れました。ケリー主席補佐官は蚊帳の外とも噂されてます。自信家のトランプさんは、「俺の考えが政策になる」と言い切ってます。

 ティラーソン国務長官を解任して、国務長官にはポンペオCIA長官を充てますが、強硬派です。予て噂のあった元軍人のマクマスター補佐官(安全保障担当)も解任されました。後任は、タカ派で有名なネオコンのボルトンさんです。世界貿易センタービルを爆破、解体してもイラク戦争開戦に踏み切ったネオコン首謀者の一人を補佐官(安全保障担当)に据えたのですから金正恩委員長への脅しは、相当なものです。

 北朝鮮は、現状を凍結して核査察を受け入れる、あるいは北朝鮮の安全が完全に保障されれば核廃絶のようなことを思い描いているのでしょうが、トランプさんは、短気でノラリクラリは大嫌いです。核ミサイルはすべて廃棄しない限り会談は妥結しない。

 これは北朝鮮にとって最初から無理な相談です。丸裸になれというものだからです。

 トランプさんは、会談決裂オーケーです。会談決裂を奇貨として戦争再開です。元々戦って北朝鮮を踏み潰し東部エスタブリッシュメントの鼻を明かしたいのですから。

 トランプさんを抑えていた対話派を排除した現在は、大義名分のある戦いのキッカケが欲しいだけです。首脳同士が会談する重みを金正恩は失念しています。

 北朝鮮は、米国の計画通り、煮え湯を飲まされる会談になる筈です。飲める筈もなく、戦いのリングに引っ張りだされますが、ことは、トランプさんの思うようにはいかない筈です。

 トランプさんにしてみれば、国防予算を年間67兆も使って北朝鮮一つ叩き潰せなくてどうするというものでしょう。根性見せてみれというもです。対する軍産複合体は、対立を煽るから儲かる訳で火種を消せばパァ、理屈の分からない奴というものです。

 しかし、北朝鮮の実力を見くびりすぎてます。北朝鮮は、ベトナム、アフガン、イラクとまったく違う核ミサイルを保有する軍事大国です。トランプさんは、北朝鮮は、大日本帝国が水爆を持ったような国であることを側近の再三の忠告にもかかわらず失念あるいは無視しており、泥沼にはまること必死の情勢です。

 考えるべきは、ここからです。トランプは、「どんなことをしても勝て、勝たなければクソ」が信条です。米軍が苦戦すると、短気で負けず嫌いのトランプは側近の首を切っても水爆に手をかけます。トランプに核ボタンを持たせる危険性を危惧してましたが、現実のものになるのです。対する金正恩も側近にイエスマンしか置いていませんので、追い込まれれば確実に水爆を使用します。

 当然、日本への被害が憂慮されますが、何もできることはない。ミサイル防衛システムが有効であることを願うだけです。

 後は大規模な避難訓練、救護訓練、放射能除染訓練、難民救護訓練、テロ訓練を無駄になっても実施する必要があります。危機が目の前にあることを自覚するためにも必要です。

補足1

 暴走老人サイコ・トランプさんと東部エスタブリッシュメントの大喧嘩の側面もあることを忘れてはいけません。トランプさんは、71歳の老人です。その老人が、朝の4時からツイッターで投稿し、頑張るのは、トランプさんをコケにし、排除した東部アイビーリーグのクラブ会員(東部エスタブリッシュメント)の偽善を暴き、化けの皮を剥がし、首根っこを捕まえて吠え面かかせたい強烈な動機があります。

 コロンビア大学のクラブ会館は、歴代大統領の肖像画を展示するのです、トランプ大統領の肖像画は展示を拒否されたままです。あまりに下品でクラブの品位が失墜することが理由のようです。「Grab them by the pussy. You can do anything.」下品な老人が何ができるという風潮に対して、何が何でも実績を見せつけて鼻を明かしたいという切な思いがトランプさんを駆り立てています。こんな喧嘩に世界は大迷惑の構図です。

※東部エスタブリッシュメントとは、アイビーリーグ(ハーバード大学、エール大学、スタンフォード大学、ペンシルベニア大学、コロンビア大学、プリンストン大学、ダートマス大学、ブラウン大学)出身者で、由緒正しい富裕層を指します。残念ながらトランプさんは、コロンビア大学を卒業してますが、仲間と見做されませんでした。これを根に持っています。選挙参謀だったスティーブ・バノンも同様の目にあっています。

※パウエル元国務長官が「トランプは、国家の恥であり、国際社会の最下層民だ」と述べましたが、そのように考えている東部エスタブリッシュメントは、多いのです。

補足2

 トランプさんは、911世界貿易センタービル崩壊は、爆破解体と確信しています。選挙戦でも「9.11の真相を究明する」と発言しています。

 再調査すれば、政権中枢連中を監獄に送ることができます。これを最大限、脅しに使い黙らせています。お前たちの生殺与奪は私が握っていると。当然ダンマリを決め込むマスゴミもグルと思ってます。事実そのとおりです。

 トランプは、拷問を復活させていますが、まさか政権中枢幹部の拷問に使おうとは誰もおもってないでしょう。9.11の真相究明のためなら、トランプさんは、やりかねません。ネオコンのボルトンも、まさか拷問を受けるとは夢にも思ってないでしょう。

世界貿易センタービルの崩壊はやはり引っかかる。

アマゾンの映画

9/11爆破の証拠/専門家は語る

補足3

 恐れをなしたのか、金労働党委員長は、中国側からの再三の首脳会談の要請を思いだし、会談決裂に備えて、電撃的に中国習近平国家主席と会談しました。所謂保険です。私のバックには大国中国がいますとのメッセージです。

 習主席は、米中貿易戦争、一帯一路構想、南沙諸島など米中覇権争いが既に開始されてますので、イザとなればロシアもいれば、北朝鮮もいますヨとの米国への強烈なメッセージです。台湾に干渉するなど天も恐れぬ所業とのこと。

 まさか、中国贔屓の張成沢を極めて残忍な方法で粛正して、中国の傀儡政権候補の金正男を暗殺した金正恩と中国が和解などあり得ない話です。しかし、切羽詰まった両者の利害が一致したのです。

 中国、北朝鮮とも、米朝会談は危険と察知したのか、6者協議を持ち出しました。用意周到です。相互訪問する仲ですとのアピールも忘れません。

 これで米朝会談決裂、米朝戦争再開のシナリオは完全に崩壊しました。中国と事を構えるなど気違い以外は思いつきません。

 アトはダラダラです。しかし、日本にとっては、本土核攻撃の事態を回避して、一安心です。

 今後の考えられるシナリオは、核放棄を約束させて、形だけの査察にする。これだと北朝鮮は飲めます。北朝鮮国家の最後の良心としての核は秘密裏に保有できるからです。そうして、在韓米軍の撤退の道筋をつけて、一国二制度の半島統一という形になるような気がします。

 そこまでの道筋は6ケ国協議で数年かけて協議することになる。

 北朝鮮、中国は、中国提案の6者協議で在韓米軍撤退の道筋をつけるために、出来レースを丁寧に、慎重に行い、米軍攻撃の口実を与えないだけです。

 ということは、核ミサイルが現状で固定されるということです。割をくったのは日本です。

 朝鮮半島が一段落すると、当然日本に対する大東亜戦争の戦時賠償が持ち出されます。頬被りする訳にもいかず、数十兆円の大金をむしり取られます。これなくしては戦争の清算はできません。

 もう戦争の清算もいいような気もします。仲良くして技術協力しても、結局中国、韓国のように、恩を仇でかえすばかりで日本に何のメリットもない。

 数十兆円もあれば、かなりの事ができます。世間と同様にすべての国と仲良くすることは元々無理な相談です。信義を日本ばかりが守ってもバカを見るだけです。

米朝会談で北の核廃棄と在韓米軍の撤退に向かう

 

« トランプ大統領 対日貿易赤字すべて解消するとのこと | トップページ | 厚生労働省東京労働局長が恫喝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577632/66496870

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝会談決裂は、戦いの合図:

« トランプ大統領 対日貿易赤字すべて解消するとのこと | トップページ | 厚生労働省東京労働局長が恫喝 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ